「描くことが、[感性]と[論理力]を育てる」

PR TIMES / 2014年6月2日 18時31分

絵の教育エキスパートが先進的モデル授業を実施 東京都荒川区立尾久小学校4年生61名が参加

株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:加藤薰、本社:東京都千代田区)は、荒川区立尾久小学校にて日本最大級の創作絵画コンクール「ドコモ未来ミュージアム」審査員による特別授業を5月19日(月)に開催しました。




「ドコモ未来ミュージアム」は、未来をつくる子どもの夢を応援するため、NTTドコモが2002年から毎年開催している創作絵画コンクールで、昨年は過去最多となる158,934点の応募がありました。そのコンクール審査員を務める奥村高明聖徳大学児童学部長、南雲治嘉デジタルハリウッド大学教授による、夢や未来のくらしをテーマとして絵の具・タブレットを活用したモデル授業を、東京都荒川区立尾久小学校4年生61名を対象に実施致しました。

モデル授業においては、奥村先生がワークシートを用いた未来の考え方や絵の描き方などを指導し、南雲先生がタブレットを用いた絵の描き方や意義を指導しました。授業を通して、奥村先生は「自分の身の回りから未来を考える事の重要性」、南雲先生は「タブレットで描いた絵がコミュニケーションを生み出す事」等を伝えました。授業内容の詳細は、ホームページに掲載されておりますので是非ご覧ください。(http://www.docomo-mirai.com/pc/lesson.html)


講師総評:聖徳大学児童学部長 奥村高明先生
未来を描くには[今]を見つめることが大事です。そのために、今回の授業では、「人」、「物」、「社会や世界」という3つの視点を子どもたちに与えました。そのワークシートをもとにディスカッションすることでアイデアを具体化させました。次に、図書館に絵の資料となる本を借りに行く、画材を自分で選ぶなど、絵を描く際の選択肢を増やし、子どもたちが自分らしい方法で絵を描ける工夫をしています。未来を考えるときに重要なことは、[今]の自分と自分を取り囲む人々や社会について考えることです。この授業が一つのきっかけになっていたら嬉しいです。

講師総評:デジタルハリウッド大学教授 南雲治嘉先生
まず最初に、未来を描くには[今]が重要なので[今]欲しいものとか[今]あなたの中にある夢などが未来であると説明しました。その夢のイメージを具体化するため、紙に鉛筆で文字や絵で描かせ、自分の夢とは何なのかを確認できるようにしました。次に描いた絵を、タブレットで表現する段階に入ります。その際、気を付けることは、上手下手ではなく、何を描き誰に伝えたいかということを意識させることです。デジタル作品というのはメール等で簡単に遠くの人に送ることが出来ます。そのため、描いた絵はコミュニケーションの手段にもなり、人を幸せにするための道具にもなります。お手紙を書くつもりで気軽に絵を描く。そんなライトさで絵画制作に取り組んで欲しいです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング