カゴヤ・ジャパン、2014年6月16日データセンター新棟開所

PR TIMES / 2014年6月9日 10時12分

~京都発、クラウド時代の最新鋭データセンター~

データセンター・レンタルサーバー事業を展開するカゴヤ・ジャパン株式会社は、現在のデータセンター敷地内に最新技術を取り入れた最新鋭データセンターを建設し、2014年6月16日に開所いたします。今回の新棟建設によりカゴヤ・ジャパンのデータセンターは延べ床面積4,500m2 超、約700ラックが収容可能となります。




データセンター・レンタルサーバー事業を展開するカゴヤ・ジャパン株式会社(代表取締役 北川 貞大、所在地:京都市中京区 以下:カゴヤ・ジャパン)は、現在のデータセンター(所在地:関西文化学術研究都市)敷地内に新棟を建設し、2014年6月16日に開所いたします。

第一期竣工(2006年4月)のデータセンターA棟(延べ床面積:約1,300m2 、収容ラック数:252ラック)に加え、第二期といたしまして、自社所有敷地内(敷地面積4,300m2 超)に新たに440ラックを収容できる規模のB棟(新棟)を建設いたしました。A棟B棟合わせて、延べ床面積4,500m2 超、約700ラック収容可能なデータセンターです。

新棟は、震度7程度に耐える免震構造はもとより、空調設備におきましては、壁吹き出し方式を採用し、コールドアイル/ホットアイル分離に加え、外気を利用した冷水製造、電源設備ではN+1の冗長構成など、様々な最新技術を取り入れた最新鋭のデータセンターです。


■B棟(新棟)の主な特徴

1.耐震・免震構造
建物全体の免震化で、サーバーの安定稼働に不可欠な要素を完備し、耐震強度は震度7程度に耐えうる堅牢設計です。

2.電源設備
特別高圧2系統受電(本線・予備線方式)により、受電からサーバー供給まで電源2系統の提供が可能です。また、UPSはN+1共通予備方式で、自家発電システム(48時間対応)を完備しています。

3.空調設備
サーバー室空調は、ホットスポットが発生しにくい壁吹き出し方式を採用しました。さらにコールドアイル、ホットアイル分離に加え、冬季に冷涼な外気を冷水製造に直接利用するフリークーリングの採用により、高効率化を図っています。停電・故障対策についてはN+1の冗長構成です。また、空調用UPS、冷水蓄熱タンクも装備し、高い信頼性を確保している最新鋭のデータセンターです。


4.ネットワーク
複数経路二重化に対応しており、キャリアフリーをポリシーとする当社では、お客様が希望される回線を引き込む事が可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング