米国発 グローバル企業必須の次世代リーダー育成プログラム「CMOアカデミー」 遂に日本初公開!

PR TIMES / 2014年6月23日 12時7分

「米国企業のマーケティングチャレンジとCMO最新動向」 7月16日(水)東京・赤坂にて開催

株式会社博報堂コンサルティング(東京都港区、代表取締役社長:首藤明敏)は、マーケティング組織改革やCMO(Chief Marketing Officer:最高マーケティング責任者)支援を通じ、数多くのグローバル企業の成長を導いてきた米国MarketFrames社(※)をゲストに迎え、同社が開発したマーケティングリーダーおよび次世代のリーダーのためのセミナープログラム「CMOアカデミー」の一部を日本で初めてご紹介いたします。

※MarketFrames社
米国に本拠地を置く、マーケティング組織、マーケティングオペレーション、マーケティング投資に関するイノベーションを支援する専門コンサルティングファーム。2003年の設立以来、フォーチュン1000に選出されたグローバル企業数百社のマーケティング組織改革、およびCMOのサポートを実施。数多くの企業の成長を導いた実績を持つ。



生活者の行動変化、データマネジメントテクノロジーの進化により、マーケティング手段が多様化すると同時に、統合的にマーケティングをマネジメントすることが求められる時代へと急速に変化しています。しかし、統合マーケティングマネジメントとはいっても、どこから手をつければいいのか悩まれる企業が多いことも事実。今までの日本企業は、縦割りの組織風土もあり、組織を横断した顧客データの統合的な活用や、マーケティング施策の統合的なマネジメント機能が不在であったことも一因と考えられます。
一方、マーケティング部門を統括する「CMO」が浸透する米国企業や米国に本拠を置くグローバル企業においても、マーケティング環境の急速な変化に伴い、組織の形やCMOの役割が大きく変わりつつあります。

本セミナーでは、米国にてCMOとマーケティング組織コンサルティングで10年以上の経験を持つMarketFrames社をゲストに迎え、米国マーケティング協会でも採用されているプログラム「CMOアカデミー」の一部をご紹介します。
急速に変化する現代のマーケティング環境を生き抜くべく、デジタル時代におけるCMOの真の役割や必要とされるスキルとは何か、更には、新しいマーケティング組織はどうあるべきか。最新のグローバル企業の事例も交えながら、日本企業に必要なCMO機能や検討すべきマーケティング組織の形について議論してまいります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング