デジタルサイネージと手書き地図が融合 地元住人と繋がる“パスポート”

PR TIMES / 2014年6月14日 10時6分

沼津における観光エリアと地域商店街をつなぐスクリーン連携~手書き地図推進委員会 セミナーレポート~

日本各地の土地固有の面白さやユニークさを発見してもらうことを目的として設立された手書き地図推進委員会は、6月11日(水)~13日(金)に幕張メッセにて行われた「デジタルサイネージジャパン2014」において、沼津での実験調査の内容をもとにした「観光エリアと地域商店街をつなぐスクリーン連携」に関するパネルディスカッションを行いました。会場は立ち見が出るほどの満員となりました。



手書き地図推進委員会とは
手書き地図推進委員会は、全国に埋もれてしまっている作者の愛が感じられる「手書き地図」を紹介し、多くの人に知ってもらうことで日本各地の土地固有の面白さやユニークさを発見してもらうことを目的として設立されました。

ゆくゆくは、「手書き地図」をWeb上で提供できるようにし、手書き地図のあたたかさと、正しい位置情報によるナビゲーションというアナログとデジタルの良いところの融合を実現させるべく活動しています。

実証実験で判明した3つの課題
本セミナーでは、デジタルサイネージの視点、沼津市の視点、手書き地図の視点から実施した「街歩きに関する実験調査」について、それぞれの視点からパネルディスカッションを行いました。

デジタルサイネージの課題としては、どのようなコンテンツでユーザーとコミュニケーションを設計するのかについて議論を交わしました。デジタルサイネージを運用する上で最も重要となる議題に、登壇者らが真剣な議論を展開し、参加者もそのディスカッションに聞き入っていました。

沼津市の課題についての議論では、地域に根差した商店街の課題が浮き彫りになりました。一番の観光スポット・沼津港にはお客さんが立ち寄るが、商店街を素通りしてしまうという来街者の導線が分断されてしまっている現状の打開策が議論されました。

最後に手書き地図の課題では、手書き地図というコンテンツが来街者にどのような影響を与えられるのか、といったコンテンツパワーに関する議論となりました。

デジタルサイネージと親和性が高い持続可能なコンテンツとしての手書き地図
このディスカッションの中で再発見されたのは、手書き地図という人のぬくもりのこもったコンテンツが、様々な視点で街を紹介でき、地元の皆さんと来街者をつなぐ「パスポート/免罪符」の役割を果たすということでした。地元愛のたくさん詰まったオリジナリティあふれる地図を書くことができたり、地元の人とも会話が弾むといった部分において、手書き地図の有効性が実証される結果となりました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング