建設現場において、『5-15℃の水分補給』による 熱中症リスクの削減活動を開始

PR TIMES / 2014年6月18日 14時13分

飯田グループホールディングスの2014年熱中症対策活動



当社は、サーモス株式会社(東京都港区)の協力を得て、当社グループが管理する全国の建設現場における熱中症リスクを削減するための活動を開始いたします。熱中症による死亡災害は、建設業界において最も多く発生していると言われております。当社では、これまで以上に熱中症の予防・対策を図るべく、サーモス株式会社が展開している「5-15℃ PROJECT」に参加し、下記の取り組みを行うことで、暑熱環境下の建設現場で働く作業員の熱中症リスクの削減を図りたいと考えております。

====================================================
【本活動の実施内容】
■実施場所 : 当社のグループが管理する全国の建設現場
■実施期間 : 2014年6月~未定
■実施内容 : 「正しい水分補給の啓発による熱中症リスクの削減活動」
    ・熱中症予防シールの配布    ・水分補給ハンドブックの配布
====================================================

当社では、今後も様々な取り組みを行い、建設現場において発生する、熱中症リスクを削減していきたいと考えております。

--------------------------------------------------------------------------
<本件に関するお問合せ先>
飯田グループホールディングス株式会社
経営企画部 広報担当 棚村 徳人、中島 健一
〒188-0003 東京都西東京市北原町三丁目2番22号
TEL:042-452-5791 FAX:042-452-0602Email: ir@ighd.co.jp
--------------------------------------------------------------------------


■協力団体のご紹介

<サーモス5-15℃ PROJECT>

「THERMOS 5-15℃PROJECT」は、サーモス株式会社が2011年より開始したプロジェクトです。
様々な学識者・有識者と連携を図りながら “運動時のスポーツパフォーマンスの向上”や、“熱中症対策における水分補給に最適な温度は5-15℃である“ ということを正しく広めるとともに、実践を促す活動を行うことで、熱中症対策やスポーツパフォーマンスの向上を応援サポートしています。


[5-15℃ PROJECTに関するお問い合わせ]
THERMOS 5-15℃PROJECT PR事務局((株)ベクトル内) 担当:海瀬(かいせ)・中川・中野
〒107-0052 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ 18F
TEL:03-6825-3020  FAX:03-5572-6065  Email:515pr@vectorinc.co.jp


■実施内容(配布物)のご紹介
<熱中症予防シール>
熱中症リスクが高まると考えられる気温(約29℃)に達したタイミングで、色/デザインが変化します。この「熱中症予防シール」を作業用ヘルメット等に貼付することで、現場作業員に気温の上昇と、熱中症対策が必要になったことを気付かせます。


<水分補給ハンドブック>
熱中症対策や、正しい水分補給に関する情報をまとめた冊子です。当社グループの現場作業員に配布することで、正しい水分補給の理解と実践を図ります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング