《光のショーケース、はじまるショータイム》立体的な光と映像>新次元デジタルサイネージ>ALL-INガラスショーケースシステム「optiglow(TM)case」(オプティグローケース)を始動。

PR TIMES / 2014年7月1日 10時54分

「第1回ライブ&イベント産業展」2014年7月9日(水)~7月11日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)にて展示

株式会社ユナイテッドスマイルズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:高橋 雅史)は、新しい形の立体的なデジタルサイネージ・ソリューションを7月1日から始めると発表しました。 第一弾として、同社が展開するクリエイティブ・ラボ「design studio MOIL(モイル)」から、立体的な“光と映像の空間演出”を可能にした、今までにないガラスショーケース「optiglow(TM)case」(オプティグローケース)を、2014年7月9日より開催される「第1回ライブ&イベント産業展」(東京ビックサイト西3・4ホール「ブース番号2-12」:西3ホール出入口が最寄り口)で展示いたします。



劇場でなければ見ることができない、舞台やコンサートのようなショータイム。
「それが、目の前で再現できたら、おもしろい。」

「optiglow(TM)Case」はガラスケースと照明、映像投影、音響機能を一体化した新システムで、設置方法は通常のガラスケースと同じで、基本操作はコンセントの抜き差しのみ。ステージとして作り込まれたソリッドなステンレスボディは、幅・奥行き共に45cm、高さ70cm(1m60cm自立スタンドを含む)の筐体は、ちょうど人ひとりが立てるくらいのスペースさえあれば設置可能な自立型ワンストップ・スタイル。


 ギャラリー・ショップなどで展開すれば、ガラスケース空間に写真や映像、インストラクショナルな解説表示、商品詳細などを投影し、シーンを自在に変えるショータイムを演出することができる。特長として、ショーウインドーなどの明るい場所でも、音楽の演出にあわせプロジェクション・マッピングショーを展開することが可能なため、

ショーケース内に設置したプロダクト・立体造形物、例えば、従来の宝飾品などに使われる固定の照明だけでなく、ムービングライトやスポットライト+映像といった舞台と同じ演出や、製造工程のプロモーションMOVIEを映しながら解説を表示するなどの総合演出をショーケース内で展開可能にします。

同社は同システムの販売だけでなく、映像コンテンツのクリエイティブ制作や、空間の明るさ調整などの演出サービスを一体で、顧客のニーズに合わせソリューションとして提供し、新たな市場を創出する。「optiglow(TM)Case」の想定価格は少量受注生産のため、オプション、仕様、契約形態などにより変動。こうした取り組みで、ブランディングに寄与する新次元プレゼンテーションの開発を推進する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング