アイジーエーワークス、台湾進出!事業領域を拡大

PR TIMES / 2014年7月1日 10時0分

台湾・香港オンライン広告大手・謝恩(Sien)とライセンス契約

- Google Playでトップ10に入る台湾・香港でのプロモーションが可能に
- 日本に続き台湾進出、更なる海外展開のための基盤を整備


モバイルビジネスプラットフォーム企業のIGAWorks, Inc.(株式会社アイジーエイワークス、本社:韓国ソウル、代表Eric Kuk-seong Ma)は、7月1日台湾謝恩(SIEN Information Co., Ltd.)とモバイル広告ソリューションに関するライセンス契約を締結しました。

今回の契約において謝恩はIGAWorksのモバイル広告プラットフォームであるadPOPcornとアプリ分析及びマーケティングツールであるadbrixによるモバイル広告システムを構築し、台湾及び香港で現地メディアと広告営業を展開できることとなりました。

特に、IGAWorksは昨年6月日本法人を設立後、今回の契約を通じ台湾・香港への事業領域を拡大できることとなり、Google Playにおいてトップ10である台湾・香港で現地のプロモーションが可能になりました。

「App Annie Index 2013」によりますと、韓国はGoogle Playのマーケットランキング第2位で、日本が第1位、台湾と香港がそれぞれ第6位と第9位でそれに続きます。

謝恩は2002年設立されたオンラインの総合広告企業で、ゲーム・教育・金融など様々な産業分野における代表的な企業を顧客としています。本社は台湾の高雄にあります。

CPI、CPA、CPL、CPC、CPSなど基本的なリワード広告はもちろん、バイラルマーケティングなどソーシャルマーケティングまで含めた個別のクライアントに最適なプロモーションを提案して実行することに強みを持っている会社です。

IGAWorksのEric Kuk-seong Ma代表は、「今回の提携を通じて、日本の優秀なアプリデベロッパーのアジア進出を、より一層サポートさせて頂く所存です。弊社がご提供する総合分析ツールadbrixを通じてアジアのユーザーのデーター分析とターゲティングが可能になり、クライアントのアジア市場での成功確率を格段に挙げるものと信じております」と抱負を述べました。

●IGAworks, Inc.(株式会社アイジーエイワークス)について
2006年12月、韓国ソウルに設立。大手パブリッシャーをクライアントに持ち、2014年現在モバイルプロモーション分野において最多で最高の実績を持つ。韓国最大のモバイル広告プラットフォーム「adPOPcorn」とアプリ分析マーケティングツール「adbrix」を通じ、ワンストップモバイルマーケティングソリューションを提供。
IGAWorksは、2013年1年間メディアパートナーのアプリデベロッパー各社のために広告収入として全部で100億ウォン以上を売り上げました。また、adbrixは約3,000アプリにモバイルマーケティング成果分析ソリューションを提供している。また、日本及び東南アジアの7か国で最も強力なマーケティングプラットフォームであるLINEフリーコインのセールスパートナーでもあります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング