プーマ(R)がアーセナルのホーム、アウェイ、カップ戦用 2014-2015シーズンのユニフォームを発表

PR TIMES / 2014年7月11日 14時49分

新ユニフォームがテムズ川でのウォータープロジェクションでお披露目

プーマは7月10日ロンドンにて、アーセナルのホーム、アウェイ、そしてカップ戦用2014-2015シーズンのユニフォームを発表しました。これらのユニフォームはテムズ川の20メートルの高さのウォータープロジェクションに映し出され、さらにロンドン・アイの名で親しまれている大観覧車が、アーセナルファンにはおなじみのクロックエンドに姿を変えました。アーセナルの監督 アーセン・ベンゲルは駆け付けたファンに、デザインのインスピレーションであり、プーマとアーセナルのパートナーシップのメッセージStronger Togetherを支えるFuture、Forever、Victoriousについての背景を説明し、ガナーズのトップチームのプレーヤーたちの輝かしい功績によって実現した新ユニフォームを発表しました。



覆いが外されてアーセナルの巨大なビジュアルがあらわになったロンドンのカーナビーストリートにあるプーマストアの店外では、シャツを購入するために待っていたアーセナルサポーターたちが、ショーウィンドウの中にミケル・アルテタ、サンティ・カソルラ、マチュー・フラミニがリアルマネキンとして立っているのを見つけて、驚いていました。また店内では、ファンたちはガナーズが2013-2014シーズンの国内カップで得た銀製のトロフィーと一緒に写真を撮ることもできました。


新ユニフォームはアーセナルの基幹にあるコアバリューをベースに、プーマが唯一無比なデザインに仕上げました。これらのデザインは、プーマとアーセナルの Stronger Together キャンペーンを支えるFuture、Forever、 Victoriousの3つのストーリーからインスパイアされています。


ブルーとライム グリーンの Future をテーマとしたカップ戦用ユニフォームは、ヨーロッパリーグや国内カップを含むカップ戦のアウェイゲームで着用されます。アーセナルは背番号付きのユニフォームを着用した最初のチームであり、スタジアムの夜間照明設備を導入した最初のクラブであるという歴史からなる伝統と、革新への欲求を象徴しています。そしてユース世代の育成に優れたクラブとしても知られていることも表現しています。

カップ戦用のシャツのデザインは斜めのブルーのコンビネーションストライプをベースに、細いライムグリーンのラインがアクセントになっています。またカフススリーブ、ボタンダウンの襟を採用し、フレッシュで若々しいイメージに仕上げています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング