ムンディファーマ株式会社 新社長就任のお知らせ

PR TIMES / 2014年8月1日 13時8分



ムンディファーマ株式会社(東京都港区)は、2014年8月1日付で、木村 昭介(きむら しょうすけ)が新たに代表取締役社長として就任いたしましたので、お知らせいたします。


(氏名) (新役職)

木村 昭介 代表取締役社長


新社長となる木村 昭介は、2001年からボストン・コンサルティング・グループで、製薬会社等のヘルスケア領域をはじめとする多数のプロジェクトを経験・指揮した後、2009年にノバルティスファーマ株式会社に入社。同年、グループ会社であるサンド株式会社のマーケティング本部長に就任し、以後は直近のプライマリケア事業部長としてのポジションまで、前職での経験を活かし、営業・マーケティング部門の新規・既存ビジネスの立上げ・立て直しに貢献するとともに、日本の成長戦略・投資戦略を策定・指揮する責任者としても活躍しました。

ムンディファーマ アジアパシフィック・中南米・中近東・北アフリカ担当リージョナルディレクターであるラマン・シンは、木村新社長の就任を歓迎し、次のように述べております。「革新的な医療を患者さんにお届けするというムンディファーマの事業を展開するにあたり、今後、木村氏が日本でのリーダーシップを発揮してくれることを大変嬉しく思います。彼の国際経験、日本市場に対する専門知識、及び患者さん重視の姿勢は、必ず我々の強みになるものと確信しております。」

当社は今後も新社長の下、希少がん疾患の治療及びがんの包括的緩和医療において、付加価値の高い製品と、他に類のない革新的なソリューションを提供することを通じて、患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献し、医療のベストパートナーになることを目指して取り組んで参ります。

※添付資料: 木村 昭介 代表取締役社長 略歴


ムンディファーマ株式会社について

ムンディファーマ株式会社は、希少がん疾患の治療とがんの包括的緩和医療の2 つの領域に高度に特化した製薬会社になることを目指しています。ムンディファーマ株式会社は、これらの領域において、革新的なソリューションの提供を通じて、患者さんの生活の質の改善と延命に貢献することをミッションとしています。現在、本邦で2つのT細胞リンパ腫治療薬(フォロデシン塩酸塩、pralatrexate)について、臨床試験の第II相部分を実施中です。

詳細については、こちらをご参照ください。 http://www.mundipharma.co.jp

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング