予約台帳アプリ「トレタ」3.0.0にメジャーバージョンアップ

PR TIMES / 2014年8月25日 14時2分

24時間365日対応で予約の取りこぼしを削減する「かんたんウェブ予約」を全加盟店様に提供開始へ

このたび株式会社トレタ(本社所在地:東京都目黒区、代表取締役:中村仁)は、昨年12月にリリースした飲食店向け予約台帳アプリ「トレタ(http://toreta.in/)」の最新バージョン3.0.0を公開いたしましたのでお知らせします。

今回のメジャーバージョンアップは5か月ぶりの大幅刷新となり、予約一覧画面や設定画面のデザイン性を向上し、よりシンプルで使いやすいインターフェイスを実現しました。また今回のアップデートでは、トレタの全加盟店様に対して、アプリと連動したウェブ予約画面を設置・運用できる「かんたんウェブ予約」機能の提供を開始しました。






ウェブ予約機能の提供開始

「トレタ」のウェブ予約は、加盟店様ごとに専用のウェブ予約ページ(PC・スマホ両対応)を無償で提供するものです。一般のユーザーがこのページから入力した予約情報は、リアルタイムで予約管理台帳アプリ「トレタ」のクラウド上の予約データベースに反映されます。

このウェブ予約の仕組みを利用すれば、24時間365日予約の受付を可能にしながらオーバーブッキングも防止できるため、ストレスなく素早く予約の受付が完了します。これにより予約受付の手間が激減し、予約の取りこぼしなどの機会損失も削減できます。

トレタでは、今年5月より一部の店舗にて先行してウェブ予約の運用を実施してきましたが、その利用状況などを確認しながら、今回、インターフェイスや設定方法などの大幅な見直しを実施しました。なかでも設定方法をよりシンプルなものに改善した結果、タブレットなどの操作に慣れていない方でも最短30秒でウェブからの予約を受け付けることができるようになりました。

このウェブ予約の機能は、今後すべてのトレタ加盟店様向けに順次提供を開始します。当面は約100店舗の加盟店様で運用を開始、2014年9月末にはすべての加盟店様に提供する予定です。なお、今回のウェブ予約機能は、加盟店様に無料で提供するもので、「トレタ」の月額利用料は変わりません。


試験導入店舗の事例

5月より試験導入したある加盟店様では、店舗の公式ホームページにトレタのウェブ予約へのリンクを掲載し、このウェブ予約ページから3ヶ月で延べ809名様の予約を受注されています。

また、そのうちの22%にあたる178名様分のご予約は、営業時間外の23時~翌11時の間に受け付けており、トレタのウェブ予約によって約133万5千円に相当する売上の機会損失を防ぐことができたこととなります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング