自転車競技の底辺拡大とメジャースポーツ化を目指す新プロジェクト「JrIDE PROJECT(ジェイ・ライド・プロジェクト)」始動!

PR TIMES / 2014年8月26日 10時19分

ロードレース競技の底辺拡大とメジャースポーツ化を推進する、新たなプロジェクトが立ち上がります!

「JrIDE PROJECT(ジェイ・ライド・プロジェクト)」発表会、並びに同時開催「子供たちのための自転車環境創造を考えるシンポジウム」は以下の通り開催します、多くの方のご支援とご参加をお待ちしております。
開催日時:2014年9月1日(月)13:00~15:30/毎日新聞社 東京本社 毎日ホール
※参加申し込みは事務局までご連絡をお願いいたします。



ここ数年来の自転車ブームを追い風に、自転車競技の認知度が向上している昨今、とりわけロードレースへの関心が高まりつつあります。
宇都宮で開催されるジャパンカップには、世界の強豪チームが参戦、10万人以上の観客を集めており、レース参加やロードレーサーを使用してトレーニングを楽しむ『アスリート層』は約30万人、サイクリングなどを楽しむ『スポーツサイクリスト層』は約300万人に上る、という統計数字もあります。
しかしながら、日本のロードレースは海外、特にヨーロッパに比べ、まだまだ人気・実力ともに遠く及ばない海状況にあり、ロードレース競技を将来の目標とするアスリート候補が、他のスポーツと比べ少ないのも事実です。

このような背景の中、20歳以下のジュニア世代を中心に、小学生、未就学児までを含んだ将来のアスリート候補たちに、「スポーツ」としての自転車に直接触れる機会を提供し、日本国内におけるロードレース競技をサッカーや野球に負けないメジャースポーツとしていく仕組みを作ることを目的に、元プロロードレーサーたちが中心となり、自転車関連諸団体、及び企業の支援を受けた新たなプロジェクト、

「JrIDE PROJECT(ジェイ・ライド・プロジェクト)」

を設立する運びとなりました。

今後、「JrIDE PROJECT(ジェイ・ライド・プロジェクト)」はロードレース競技の底辺拡大とメジャースポーツ化推進の為、様々な活動を行ってまいります。
その第一歩といたしまして、「子供たちのための自転車環境創造を考えるシンポジウム」を同時に開催させていただきます。

シンポジウムでは、子供・ジュニア世代に対するスポーツとしての自転車の取り組みを様々な観点から取り上げ、将来に亘るビジョンを提起してまいります。
あわせて、ご案内申し上げました「JrIDE PROJECT(ジェイ・ライド・プロジェクト)」の概要、体制、活動内容を発表させていただく予定です。

皆様方には、諸事ご多用中のことと存じますが、何卒、ご来場を賜りたく、ご案内申し上げます。


開催概要
「JrIDE PROJECT(ジェイ・ライド・プロジェクト)」発表会
「子供たちのための自転車環境創造を考えるシンポジウム」
日  程 : 2014年9月1日(月) 13:00~15:30
開  場 : 毎日新聞社 東京本社 毎日ホール〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1
ア ク セ ス : 東京メトロ東西線「竹橋駅」徒歩1分

開催プログラム(予定)
13:00 開演
13:00~13:10 ご挨拶
13:10~13:30 講演1.:「子供たちとスポーツの関わり」
13:30~13:50 講演2.:「子供からはじまる自転車文化の創造」
13:50~14:10 講演3.:「子供世代への業界の取り組み」
14:10~14:40 パネルディスカッション:「子供たちのための自転車環境創造」
14:40~14:50 休憩
14:50~15:20 JrIDE PROJECT 発足発表
15:20~15:30 質疑応答
15:30 閉会

講演1. :「子供たちとスポーツの係わり」
講演者 :元バレーボール女子日本代表 益子直美氏
元プロロード選手/TOUR OF JAPAN 大会副ディレクター 栗村 修氏
内  容:元一流のアスリートであった二人に、アスリートを目指すことになったきっかけや、子供の頃のスポーツとの係わりに関して、自らの経験を踏まえて対談。

講演2. :「子供からはじまる自転車文化の創造」
講演者 :子供向け自転車教室「ウィーラースクールジャパン」代表 ブラッキー中島氏
内  容:ジュニア世代に対し、自転車に乗ることの楽しみを体験させる機会創出の大切さ、
そこから拡がる自転車文化の将来像についてウィーラ―スクールの現状と併せて講演。

講演3. :「子供世代への業界の取り組み」
講演者 : (一社)自転車協会 渡辺恵次理事長
内  容: 子供たちが、より楽しく、より安全に乗るための課題と業界の取り組みについて, ハード・ソフト両面から紹介。

パネルディスカッション
テーマ :「子供たちのための自転車環境創造」
パネラー:益子直美氏 栗村修氏 ブラッキー中島氏 山本雅道氏 (一社)自転車協会 大久保薫氏
内 容:「子供達のための自転車環境創造」に必要な事項や、業界内外に求められる要素、また子供達や親世代への情報提供について、
司会進行者(MC)を交え、講演者全員によるパネルディスカッションを実施。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング