京都とのコラボレーションで和歌山県田辺市、柑橘の里「秋津野」をPR!

PR TIMES / 2014年10月1日 12時53分

京都・和のコスメとのコラボレーションブランド「美柑のしらべ」を発表!第一弾はシャンプーから

10月4日、京都発の和のコスメ「kyo・miori」(運営:株式会社Greenpath)と「農業法人株式会社きてら」は、和歌山県田辺市の柑橘の名産地「秋津野」を広くPRするため「美柑のしらべ」ブランドを発表。
ブランド第一弾商品として、「美柑のしらべ シャンプー」を発売します。



日本の魅力を、地域の魅力を海外に発信。

和のコスメ「kyo・miori」は、美容を通して、日本の伝統と技術を織り交ぜ、世界に発信していくというコンセプトのもと立ち上げた事業です。
日本の古都・京都から始まったこのプロジェクトは、日本の各地にある「いいもの」を取り入れ、世界に発信していくことを目指しています。

その第一弾として今回取り上げたのが、和歌山県の中部に位置する田辺市。その山間の小さな上秋津地区は、万葉の古くから【秋津野】と呼ばれてきました。
豊かな自然と温暖な気候から、四季を通して柑橘が穫れる秋津野で、栽培されている柑橘の品種は80種類を超えます。あまり知られていない、珍しい品種も数多く存在しています。
秋津野という地域と、そこで収穫される柑橘類の魅力を、多くの方に知っていただきたいという思いから、長く「地域づくり」に力を注いできた「秋津野直売所きてら」の協力を仰ぎ、秋津野で収穫される柑橘の魅力を凝縮し、生活の中に取り入れるブランド「あきつの・美柑のしらべ」を立ち上げました。

廃棄の中に魅力を見出し、無駄なく、無理のない製品化を。

秋津野で栽培・収穫し、地元の工場で作られる生搾りのジュースが人気を呼んでいます。今回、その製造の際に必ず出る廃棄部分「柑橘の果皮」から、オリジナルの精油を抽出することに成功しました。
甘酸っぱくスッキリとした香りは、どこかなつかしく、日本人なら誰しも一度は触れたことがある、柑橘の大きな魅力のひとつです。
従来、有料で廃棄されていたものを買い取り、加工し、製品の原材料とすることで、周辺農家に微力ながら利益を還元するとともに、製品の販売を通して、地域のブランド力を高めることを目的としています。

企業と地域のコラボレーションで、更なる広がりを。

「美柑のしらべ」第一弾商品は、抽出した精油を贅沢に配合した「美柑のしらべ シャンプー」。
秋津野の里で育まれた柑橘と、美容分野で培われてきた技術を組み合わせ、さわやかでやさしい香りと、なめらかな指通りが魅力的な、プロも納得のヘアケア商品が誕生しました。頭皮にやさしいノンシリコン処方です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング