毎日1万曲が投稿される音楽コミュニティアプリ「nana」が待望のAndroid版をリリース!年内100万ユーザー突破へ向けてスマートフォン対応を加速

PR TIMES / 2014年9月24日 13時44分

株式会社nana music(代表取締役社長:文原明臣)が提供する音楽コミュニティアプリ「nana」が、9月24日にAndroid版を配信開始しました。
「一緒に創る」をキーワードに、iOSとAndroidを合わせて年内に100万ユーザー突破を目指し、国内最大の音楽コミュニティを実現して参ります。



株式会社nana music(代表取締役社長:文原明臣)が提供する音楽コミュニティアプリ「nana」が、9月24日にAndroid版を配信開始しました。

ユーザーにより録音・投稿された演奏や音声をミックスし、アプリ上でバンドや合唱、音遊びをできることが特徴のnanaは、iOS版のみで毎日1万曲が投稿される、非常に熱量の高い音楽コミュニティに育ちました。
機材や録音知識がいらない手軽さから、ユーザーの半数以上を10代が占めています。

「Androidの友人ともコラボを楽しみたい」
というユーザーからの強い要望に後押しされ、この度Android版の開発に至りました。


■ 「一緒に創る」ユーザー参加型文化

nanaで育まれたコミュニティは、音楽をきっかけとした新しいコミュニケーションが生まれる場となっています。

● ユーザーが独自企画を発案&運営

nanaではユーザー自らがクリエイティブな企画を生み出し、他のユーザーを巻き込んで発展していく文化が根付いています。
一つの曲をワンフレーズずつ歌い継いでいくリレー方式はユーザーによって発案され、和歌の連歌から「renga」と名付けられました。

こちらの音源ではユーザー10名が、renga形式で坂本九の「明日があるさ」に歌や楽器を重ねています。
(音源リンク: http://hibari.nana-music.com/w/player/uwAoIDsvkL/


・インタビュー形式の質問にテンポよく答えていく「50問50答」
(音源リンク: http://hibari.nana-music.com/w/player/jzBxrX2VwR/

・様々なキャラクターになりきって質問に答える「声面接」
(音源リンク: http://hibari.nana-music.com/w/player/esqHNkORu5/

など、合唱やバンドセッションに留まらない、ユニークな音声コラボレーションにも人気が集まっています。

・NHK紅白歌合戦に倣い、2チームに分かれて拍手数を競う「nana紅白歌合戦」
・公募された審査役ユーザーの投票で勝者が決まる「ガチ歌ランキングバトル」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング