フェアトレード×フェアプレー!学生による「フェアトレードフットサル大会」開催

PR TIMES / 2014年11月10日 12時49分

2014年12月7日(日)、スポーツを通じてフェアトレードを広く知ってもらうため「フェアトレードフットサル大会」が京都府伏見区のバンブグリーンパークにて開催されます。同大会では、国際協力NGOわかちあいプロジェクト(一般社団法人、住所:東京都江東区、代表:松木傑)が販売するパキスタン産のフェアトレードボール「ASPIRO」を使用し、スポーツを楽しみながら、ボールが作られた背景やフェアトレードが現地の生産者にもたらす変化などを一緒に考えます。



同大会で使用するフェアトレードボール「ASPIRO」は、世界で初めて国際フェアトレード認証(FLO)を取得した、わかちあいプロジェクトのフェアトレードブランドです。
ASPIROとは、ラテン語で、『何かを得ようとして努力する、希望する』という意味です。世界で恵まれなく、困難な環境のなかでも、懸命に努力している若者たちの支えになることを願って、この名前をつけました。
http://www.aspiro.jp/

現在、世界のサッカーボールの約70%がパキスタンでつくられています。その1つ1つが手縫いで作られていますが、労働は安く、児童労働の温床になっている状況もあります。こうした労働環境を改善し、児童労働をなくすための働きかけの1つとして、フェアトレードがあります。フェアトレードボールは、通常の支払いとは別に、1個につき75円から175円の奨励金(フェアトレード・プレミアム)が支払われ、生産地パキスタンの子供の教育や労働者の福祉に使われ、地域の発展に貢献しています。現在では、国際フェアトレード認証(FLO)のボールは、イタリア、イギリス、ドイツ、日本など、世界14カ国で発売されています。


【フェアトレードフットサル大会 開催概要】
この大会のコンセプトは、フェアトレード×フェアプレー。
初心者、女性も大大歓迎です!
優勝チームなどには、フェアトレードの景品をプレゼント!

開催日時 : 12月7日(日)14:00~17:30
       (終了時刻はプレー状況により前後します。)
場   所: バンブグリーンパーク
       〒612-8486 京都府京都市伏見区羽束師古川町330
       JR長岡京駅より徒歩20分
参 加 費: 一人1200円 
参加申込 : 下記フォームより必要事項を記載してください。
       http://goo.gl/2UgrGw
主催・問合せ:同志社大学フェアトレード推進サークルTicarette (ティカレット)
       http://ameblo.jp/ticarette/
協    賛:一般社団法人 わかちあいプロジェクト
       http://www.wakachiai.org/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング