LEXUSが「STROBE IN GINZA」のメイキングムービーを公開

PR TIMES / 2014年11月14日 15時17分

延べ100万人が見た光のアートイベントの舞台裏、 約5600個のLEDランプをまとった人型イルミネーションの製作過程が明らかに



 LEXUSは、11月14日より公式Yotubeチャンネル(https://www.youtube.com/watch?v=0opQHVZaJd0&list=UUDy7RpxdBRnVJzDUJZ_-ktg)にて、「STROBE IN GINZA」のメイキングムービーを公開した。


「STROBE IN GINZA」は、グローバルブランドキャンペーンの一環として展開するTVCM「STROBE(ストロボ)」の世界観を再現した光のアートイベントで、合計約5,600個のLEDライトをまとった7体のライトマンが東京 銀座ソニービルの壁を駆け降りるというもの。11月3日から9日までの期間限定で銀座ソニービル ソニースクエアにて開催された。


 公開されたメイキングムービーは、日が暮れる銀座の街並みや、点灯するライトマンをタイムラプス撮影したものをベースに加工・編集しており、人や車が行き交う銀座の街並みの中で、ゆっくりと点滅するライトマンが印象的な仕上がりになっている。

 また、ムービー撮影では、ソニービルでの設営の様子だけでなく、ライトマンの制作現場にもカメラが入っており、ライトマンの制作を担当した特殊メイクアーティストのJIRO氏も登場している。「RC F」の上に着地するライトマンには、JIRO氏の手によって人間と見間違うようなリアルな特殊メイクが施されており、銀座数奇屋橋の道行く人々が、カメラを向け、写真撮影を行っていた。


STROBE | AMAZING IN MOTION WEBサイト:http://www.lexus-int.com/jp/amazinginmotion/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング