外国人技術者・技能実習生 「外国人雇用成功のための説明会」を11/25に開催

PR TIMES / 2014年11月10日 12時49分

日本初!ベトナム・ネパールから実務者をお招きし、3カ国合同による、外国人雇用で成功する方法の説明会開催

ベトナム・ハノイ最大級の政府関係送出機関「シムコソンダ株式会社」とネパール・カトマンズの政府認定機関「さくらオーバーシーズ株式会社」の経営トップが緊急来日。さらに国内管理組合3社の講演も予定。他では聞けない実践から得た人材戦略の最新情報をものづくり中小企業向けに提供予定。



 一般社団法人アジア国際交流支援機構(本社:東京都千代田区、代表理事:野村敬一、通称:Asian Gateway Consulting、略号:AGC)は、「外国人雇用成功のための説明会」を企画し、以下の通り開催いたします。

  日  時:2014年11月25日(火曜日) 13:30~17:00
  会  場:アルカディア市ヶ谷(私学会館) 6F 伊吹 (東京都千代田区九段北1-4-11)
  アクセス:JR中央線各駅停車・地下鉄有楽町線、南北線、新宿線  市ヶ谷駅徒歩2分
  ※事前申込予約制 入場料 おひとり様3,000円
  詳  細:http://agc.or.jp/2014/10/31/  ページ下部にある AGCセミナー11 月25 日開催概要申込書 クリック


外国人雇用の必要性は政府の方針はもちろんの事、就労の現場では切実な問題となっています。しかし制度や実態については情報が乏しく、雇用に踏み切ることができない企業も多く見受けられます。今回の説明会は、実績のある関係団体の皆様より外国人雇用の現状について直接情報を得ていただき、検討していただく機会として企画いたしました。

 ■ベトナム政府系機関・ネパール政府認定機関の代表者をお招きしての貴重な講演

 ■通常は聞くことのできない現地での人材確保の現状や監理団体の役割を知る

 ■外国人雇用を円滑にし、最大限の活用をするための方法とは

 ■外国人就労の諸問題、誤解や疑問を解決する
 
 ■外国人雇用のメリット、将来における展望 、活用方法(海外進出など)


                       (講演内容)
         コーディネーター  一般社団法人アジア国際交流支援機構 代表理事 野村敬一
  第1部

   総論:外国人雇用の基礎知識[外国人技能実習生(ワーカー)と技術者(エンジニア)入国ビザの違い]

  第2部

   外国人技能実習生雇用について(建築/土木、製造、食品、農業 他)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング