日本株CFD取引の取り扱い開始のお知らせ

PR TIMES / 2014年11月7日 14時52分

透明性を追求し取引所取引を再現したCFD取引

インタラクティブ・ブローカーズ証券株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役 林保明 以下:当社)は、2014年11月10日より、225採用銘柄に対応した日本株CFD取引のサービスを開始致しますので、お知らせします。



                           記

この度、当社では225採用銘柄を原資産とした日本株CFD取引の取り扱いを開始します。当社の日本株CFD取引は、透明性を追求した価格モデルを採用しており、日本株CFD取引の約定価格決定にあたっての原資産となる株式の価格が、下記取引所等における市場価格と一致する仕組みになっています。

当社の日本株CFD取引の特徴
当社の日本株CFD取引においては、トレーダーは市場価格と同様の買気配値、売気配値、スプレッドにて透明性の高い取引をすることが可能となります。東京証券取引所、チャイエックスジャパン、SBIジャパンネクストの株価を参照し、その最良価格にて日本株CFD取引の約定価格が決定されます。証拠金取引としては、従来の信用取引を上回る約5倍のレバレッジ効果により、高い資金効率が期待できます。

透明性の高い取引手数料
当社ではスプレッドに手数料を埋め込むのではなく、外枠にて約定手数料をご請求します。日本株CFD取引では1. 約定手数料、2. 金利(資金コスト)、3. 貸株料(売りポジション)の実額を明記し、透明性の高い取引環境をご提供致します。また、約定手数料にはボリュームディスカウントが適用され、1取引あたり0.03%の約定基本手数料が、取引量の増加により、最大0.015%まで割り引かれます(最低手数料あり。)。金利は、円LIBOR翌日物に対して+/-0.5%と低いスプレッドにて算出されます。また、貸株料率につきましては、現株市場での銘柄ごとの貸株レートをご提供致します。

豊富な注文種類
日本株CFD取引には、成行、指値、ストップ等の基本注文だけでなく、VWAP、 TWAP、Hidden 等の条件付注文も可能になっております。

インタラクティブ・ブローカーズについて
インタラクティブ・ブローカーズグループ(IBG)は、電子マーケットメイキングに特化する世界最大手のオンライン証券会社の1つです。IBGの50億米ドルを超える強固な資本基盤が、グループ内の証券会社の財政的安定性を保証しています。S&Pは、IBGのブローカレッジ部門であるインタラクティブ・ブローカーズLLCを「A-/A-2'; 安定的」と格付けしています。

本プレスリリースに関してのご質問及びご確認は、当社ウェブサイト www.interactivebrokers.co.jp をご覧頂くか下記「お問い合わせ先」までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先: 営業開発部:角丸聖樹
Email: mkakumaru@interactivebrokers.com
電話: 03-4588-9707 ファックス: 03-4588-9749

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング