イント゛におけるEコマース市場調査: イント゛企業EC利用率の現状と今後の予測について

PR TIMES / 2014年11月7日 16時43分

新興国に特化したマーケティンク゛リサーチ企業 「スハ゜イア・リサーチ・アント゛・コンサルティンク゛」

ASEAN、アフリカ、中東、中南米なと゛新興国市場リサーチに特化したSpire Research & Consulting (本社:シンカ゛ホ゜ール, CEO:レオン・ヘ゜レラ)は、企業の視点から見たイント゛のeコマース (以下、”EC”)の現状の分析レホ゜ートを発表致します。



【スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティングとは?】
スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティングは、戦略的マーケティングリサーチとコンサルティングを行うリーディングカンパニーです。新興市場(アジア環太平洋、中南米、中東、アフリカ、ロシア、CIS諸国など)に特化し、世界のトップ企業・政府機関向けに、高品質かつ戦略的なリサーチをカスタマイズして提供します。

【インド企業䛾EC展開について】
今回の調査では、インドにおけるアパレル・電化製品・飲食、それぞれ3業界のEコマース導入における調査を分析しました。ソフトバンクがインドのEコマース企業に900億円の投資をした報道がありましたが、現在、インドのEコマース市場は急成長しており世界中から注目を集めています。今回、当社のアンケート調査した結果、回答いただいた企業のうち91%は、今年~3年前にかけてECを導入していることがわかりました。また、54%の企業がEC導入してから自社の売上が20%以上増えたと応えました。その結果、84%の企業が「ECを導入して成果が上がった」と回答しています。


【イント゛企業のECによる売上率、今後の予測】


上記の表は、企業のECによる売上の比率を表したものて゛す。今年は、57%の企業か゛ECによる売上比率か゛20%以下となっているようて゛すか゛、オンライン決済と物流のインフラか゛急速に発展しており、EC売上け゛比率は増加していく見込みて゛す。2020年には、65%の企業か゛EC売上比率は20%を超えると予想して いるようて゛す。

【オンラインと実店舗のハ゛ランスは?】


こ゛回答いたた゛いた企業の75%か゛ECと共に実店舗を運営していることか゛分かります。イント゛の文化て゛は、商売において人と接する伝統か゛強く、実店舗か゛ECを運営していく方向は今後も維持されるのて゛はないて゛しょうか。 今後、イント゛の企業か゛オンラインとオフライン戦略を上手に掛け合わせること、O2O戦略か゛大きな課題となります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング