「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」入賞作品全52点が決定!

PR TIMES / 2014年11月11日 9時58分

環境大臣賞受賞作品2点は、佐川急便のトラックのラッピングデザインとして採用

SGホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長兼社長:栗和田榮一)が開催する小学生対象の環境絵画コンクール「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014 」の入賞作品が決定いたしました。



SGホールディングスグループでは、環境にやさしい低公害車の導入をはじめ、台車や自転車で集荷・配達するサービスセンターを展開するなど、環境負荷の低減に配慮した事業活動を行っています。また、より良い地球環境を社会全体で維持し、未来につなげていくという認識から、森林保全活動や自然体験教室を通じて、子どもたちへの環境教育と環境啓発を目的としたコミュニケーションに取り組んでいます。

11月10日より名古屋にて「ESD※1に関するユネスコ世界会議」が開催されることを受け、環境活動の一環として「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」を環境省の後援を得て実施いたしました。「大切にしたい、ぼくたち、わたしたちの地球」をテーマに、次世代を担う子どもたちに絵画の創作を通じて環境保全について考えるとともに、楽しみながら環境意識の向上につなげる機会とすることを目的としています。

作品は、小学1~3年生を対象にした「低学年の部」と、4~6年生を対象にした「高学年の部」に分けて募集。応募総数2,599点の中から、各部門の最優秀作品にあたる“ 環境大臣賞 ”、“ 優秀作品賞 ”、“ 佳作 ” のほか、本コンクールの特別審査員、“さかなクン”が選定した“ さかなクン特別賞 ”を含む、全52点が決定いたしました。“ 環境大臣賞 ” “ 優秀作品賞 ” “ さかなクン特別賞 ”の受賞作品は、本年12月に東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2014」の当社グループブース内に展示されるとともに、“ 環境大臣賞 ” 受賞者については同会場で表彰式を実施します〔12月13日(土)〕。また、同賞受賞作品については佐川急便のトラックのラッピングデザインとして採用され、配送する荷物とともに、期間限定で主要都市を中心に走行する予定です。

※1 ESD・・・「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development)の略称。一人ひとりが世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、持続可能な社会の実現に向けて行動を変革するための教育。日本政府は2014年の開催国としてESDの取組の充実・強化を促進している。

「第1回 SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014」受賞作品


  ■佳作:高学年の部、低学年の部から、それぞれ22点を選出いたしました。


*SGホールディングスグループ
純粋持株会社SGホールディングス株式会社(本社:京都市南区、代表取締役会長兼社長:栗和田榮一)と、
その傘下にある佐川急便株式会社をはじめとした事業会社・外郭団体で構成


≪一般の方のお問合せ先≫
『第1回SGホールディングス/佐川急便 エコ絵画コンクール2014』コンクール事務局
TEL 03-3549-0558  受付時間:10:00~17:00〈土・日・祝日を除く〉

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング