マネースクウェアプラスPROJECT第2弾発表!  ~利益追求に新しい可能性を~トラリピの新機能「決済トレール」を追加  11月22日(土)M2JFXバーチャルにて先行リリース!

PR TIMES / 2014年11月20日 17時59分



 株式会社マネースクウェアHD(本社:東京都港区、代表取締役社長:相葉斉、以下「当社」)の子会社であるFX 事業会社、株式会社マネースクウェア・ジャパン(以下「M2J」)は、平成26年10月にスタートいたしました「マネースクウェア プラス PROJECT」の第二弾として、トラップリピートイフダン(R)(以下「トラリピ(R)」、らくらくトラリピ(R)(らくトラ(R))含む)に新機能「決済トレール」を追加いたします。サービスの開始は、平成27年1月下旬を予定しておりますが、平成26年11月22日(土)より「M2JFX バーチャル」にて先行リリースいたしますので、お知らせいたします。


■ 取扱い開始日 : 平成26年11月22日(土) M2JFX バーチャルにて先行リリース予定
          平成27年1月下旬 実際の資金を運用するM2JFXにてリリース予定

■ 概要 :トラップリピートイフダン(R)(トラリピ(R))決済トレールとは
「マネーゲームではない、資産運用としてのFX」を実現させるべく、当社が提供する独自の発注管理機能「トラリピ(R)」は、レートが一定の範囲で上下をくり返す「レンジ相場」で真価を発揮する発注管理機能です。
そこに、「決済トレール」機能を搭載することで、レンジ相場だけでなく、レートがどちらか一方向に推移を続けるトレンド相場の局面においても収益力を高めることが可能となります。

■ これまでのトラリピ(R)との違い


一度設定すれば、想定レンジ内で相場が動いている限り、常に収益チャンスを捉えることが可能なのが現在のトラリピ(R)。利益値幅をあらかじめ設定するため、上昇トレンド前の安値で買ったとしても利益を大きく伸ばすことができませんでした。


「決済トレール」機能があれば、トレンドに合わせて決済価格が移動するので、利益の極大化を図ることが可能になります。

なお、決済トレールの機能に関する詳しい説明につきましては、以下のページをご参照ください。
http://www.m2j.co.jp/guide/kessai_trail.php


■ 株式会社マネースクウェアHD
当社グループは、純粋持株会社である株式会社マネースクウェアHD、その傘下に、主に外国為替証拠金取引業を営む株式会社マネースクウェア・ジャパン、第二種金融商品取引業等を営む予定である株式会社M2・インベストメント・アドバイザリー、そして、海外子会社であるMONEY SQUARE INTERNATIONAL, INC.から構成される企業集団です。常にお客様の視点に立ち「マネーゲームではない、お客様にとって最適な資産運用」の実現を目指し、他社とは一線を画したビジネスモデルを貫き続けています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング