~音楽ヒ゛シ゛ネスの未来を切り開く~『ニューミト゛ルマン養成講座』を正式開講~

PR TIMES / 2014年12月5日 14時34分

「ニューミドルマン」とは、様々な役割を果たす従来の職種(プロデューサー、A&R、プロモーター等)を再定義した職種です。その講座が2015年1月17日(土)より東京コンテンツプロデューサーズ・ラボにて全10回で開催されます。それに先立ち、2014年12月13日(土)にはオーガナイザーである山口哲一氏による無料の開講記念講座「新しい音楽ビジネスを開拓するニューミドルマン養成講座」が開催されます。



2014年12月5日 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ株式会社

~音楽ビジネスの未来を切り開く~『ニューミドルマン養成講座』を正式開講~

東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ(東京都新宿区、代表取締役:吉原浩一)は、2015年1月17日より、山口哲一氏(バグ・コーポレーション代表取締役、「デジタルコンテンツ白書」(経済産業省監修)編集委員)がオーガナイズする「ニューミドルマン養成講座」をスタートします。また、それに先がけ、2014年12月13日に開講を記念して無料講座を実施することが決定しました。

「ニューミドルマン」とは、デジタル化が進んだ音楽ビジネスの変動期において、次世代の音楽ビジネスを担う人材を指し、アーティストとファンの間で、様々な役割を果たす従来の職種(プロデューサー、A&R、プロモーター等)を再定義した職種です。

「ニューミドルマン養成講座」は、本年9月より全8回のプレ講座を実施。受講者や、音楽ビジネスのみでなく各業種の識者より、好評を得たことで、2015年1月より全10回の講座が正式なスタートとなりました。

今回の講座には、ジェイ・コウガミ氏(音楽ブロガー)、高野修平((株)トライバルメディアハウス シニアプランナー/サブマネージャー)、野本晶氏(スポティファイジャパン(株) Licensing & Label Relations Director)、Taku☆Takahashi(アーティスト)ら、まさに音楽ビジネスの最先端に位置する講師陣が決定し内容も音楽ビジネス、ITビジネス、J-POPの海外展開など今の時代の新しい動きを網羅しています。

また、オフィシャルサポーターとしてエイベックス・マネジメント代表取締役 伊東宏晃氏や、アニメプロデューサー、ゴンゾ代表取締役副社長の石川真一郎氏などを迎え、多くのコンテンツビジネス企業からも注目を集めています。

2014年12月13日の開講記念講座では、山口氏が講座内容について説明、また、新旧の音楽ビジネスを取り巻く現状を解説、「ニューミドルマン」の役割とそこから生まれるビジネスの発展の可能性についてお話しします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング