“宙を舞う”新感覚スポーツ施設、遂に日本初上陸! 「FlyStation Japan」営業開始のお知らせ ~2016年3月より、屋内スカイダイビングで自由に空を飛ぼう!~

PR TIMES / 2014年12月10日 13時27分



株式会社FlyStation Japan(本社:埼玉県越谷市、代表取締役:井上ナジェジュダ)は、自由に空を飛ぶことができる屋内スカイダイビング施設「FlySation」を、2016年3月末より埼玉県越谷市にて営業開始予定です。本施設は、ロシアとドイツで既に展開を行っており、今回のオープンが日本初上陸となっています。

「FlySation」は世界最先端技術を用い、日本初の民間人用風洞装置(以下、ウィンドトンネル)を建築するためにロシアで設立されました。ウィンドトンネルとは、『Indoor Skydiving』(屋内スカイダイビング)を楽しめるスポーツ施設です。牽引器具を一切使用せずにフライト体験ができるため、これまでにない斬新なスポーツとして子供から大人まで年齢を問わず(一部を除く)にお楽しみ頂けます。今回の初上陸を機に、日本の多くの皆様にも“宙を舞う”新感覚体験をお楽しみ頂けます。

---------------------------------------
【施設概要】
---------------------------------------
施設名:FlyStation Japan
所在地:埼玉県越谷市
店舗面積:約2,000m2
営業開始:2016年3月末予定
サービス内容:「Indoor Skydiving」(屋内スカイダイビング)施設の営業
公式サイト:www.flystation.jp


---------------------------------------
【ウィンドトンネル概要】
---------------------------------------
ウィンドトンネルは、トンネル内の空気をいわば強力なファンとして動かすことで気流がコーナベーンで屈折し、下からフライトゾーンへと非常に滑らかに入っていく仕組みにより、皆様の空中飛行を可能にしています。
『Indoor Skydiving』は、通常のスカイダイビングでパラシュートが開く前の時速約200キロでの落下を、専用スーツとヘルメットを着用するだけで体験できます。4歳以上の方であればどなたでも30分間の簡単なトレーニングによりお楽しみ頂けます。日常生活では使用しない様々な筋肉を、身体にかかる負担が比較的軽く鍛えることができます。FlyStation Japanでは、お年寄りや障害をもつお子様向けのプログラム、さらには競技フライヤーレベルまで様々なレベルの方にお楽しみ頂けるプログラムをご提供する予定です。


---------------------------------------
【会社概要】
---------------------------------------
会社名:株式会社FlyStation Japan
所在地:埼玉県越谷市
代表者:代表取締役 井上ナジェジュダ
設立:平成29年4月9日
資本金:2千5百万円


株式会社FlyStation Japanは、世界中で人気の高まる『Indoor Skydiving』を日本で普及させるとともに、皆様が安全で手軽に行えるエンターテイメントと運動をサポートするサービス提供のため、今後も努力して参る所存です。今後のFlyStation Japanにご期待ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング