初公開!「ナショナル ジオグラフィック日本版」過去20年間人気記事ランキング発表!

PR TIMES / 2014年12月29日 15時9分

「ナショナル ジオグラフィック日本版」創刊20周年記念特別別冊付録付 2015年1月号発売中

 日経ナショナル ジオグラフィック社(代表:伊藤達生、所在地:東京都港区白金)が発行する、世界850万人が愛読するビジュアル月刊誌『ナショナル ジオグラフィック日本版』は、2015年4月に創刊20周年を迎えます。
 創刊20周年に先駆け、本誌2015年1月号(2014年12月29日発売)の特別別冊付録(本誌と同判型・118ページ)にて、1995年4月の創刊号から2014年11月号まで236号分の、20年にわたって本誌に掲載された中から、人気があった記事をランキングで発表します。




 2015年に本誌が注目していく、日本のエクスプローラーから、探検家・角幡唯介氏と京都大学准教授・伊勢武史氏という未知の領域に光を当てる2人の日本人を紹介。さらに、マチュピチュの発掘や、沈没したタイタニック号の発見など、世界中を驚かせたナショジオ誌面の背景となる支援活動についても解説しています。
2015年は、日本版の創刊20周年イヤーとして、様々な企画を用意しております。引き続き、圧倒的迫力の写真とともに、地球の森羅万象を対象とした探求を続けるナショナル ジオグラフィック日本版にご注目下さい。

【2015年1月号(2014年12月29日発売) 特別別冊付録の主な内容】
1、読者が選ぶ20年の人気記事ランキング発表!

1995年の日本版創刊号(4月号)から20年間、236号分の中から、どんな記事が読者から人気だったのかをランキング。5年ごとに人気の高かった記事を選び、自然・野生動物、探検、科学、考古学の分野の特集4本をダイジェストで紹介。

■1995年当時、「最後の秘境」と言われたアフリカ・コンゴのヌドキの自然とそこにすむ動物と人々の物語
(1995年-1999年から)
■圧倒的な写真の迫力で送る、世界最大規模の洞窟の不思議な光景
(2000-2009年から)
■進化論を提唱して世界を驚かせたダーウィンが、ガラパゴス上陸の3年も前にその着想を得た理由
(2005-2009年から)
■世界一有名な悲劇のファラオ「ツタンカーメン」の出生の秘密に迫る迫真のドキュメント
(2010-2014年から)

今読んでも、心躍る!ナショジオ20年の魅力が凝縮された、探求の歴史と未知の世界を捉えた
迫力の写真と美しいイラストの数々!


2、創刊20周年イヤーにナショジオ日本版が注目する日本のエクスプローラー

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング