世界初!電気自動車(EV)によるドリフトカーお披露目&初走行! D1GP Kick Off Drift

PR TIMES / 2015年1月5日 12時11分

今年で15周年を迎えたD1による、 電気自動車(EV)ドリフトカーチャレンジプロジェクト始動!

株式会社D1コーポレーション(代表取締役社長:鈴木賢志、所在地:東京都新宿区、以下D1コーポレーション)は、1月9日(金)~11日(日)に行われる「TOKYO AUTO SALON 2015 with NAPAC」内で行われる「D1GP Kick Off Drift」を幕張メッセ屋外イベント会場・特設コース(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)にて開催致します。





「D1GP Kick Off Drift」とは、D1グランプリ年始恒例のイベントで、32年目を迎え毎年約30万人が集まる「TOKYO AUTO SALON」会場内の一角に専用コースを造り、2014年シリーズランキング上位8人のドライバーがテクニックを競い、華麗な走りを大迫力で楽しめるエキシビジョンマッチです。

今年は、D1グランプリ創立15周年を迎えるにあたり、世界約40数か国開催されるドリフト競技のパイオニアとしてモータースポーツと環境・社会との共存をテーマに掲げ、「電気自動車(EV)ドリフトカーチャレンジプロジェクト*1 」を始動。世界初*2となる電気自動車(EV)によるドリフトカー(トヨタ・プリウスZVW30)のお披露目、及びデモ走行を行う予定です。今回の「D1GP Kick Off Drift」を皮切りに、世界に通用する電気自動車(EV)によるドリフトカーの普及を目指します。

D1グランプリが魅せる、世界を牽引するドライバーの走り・最先端のマシンメイクが楽しめる「D1GP Kick Off Drift」を是非、ご堪能ください。

*1 D1コーポレーションが年間のシリーズ戦を通じて、ドリフト競技にもエコ・環境対策が応用できることを広める15周年記念プロジェクトであり、今回の「D1GP Kick Off Drift」を皮切りにスタートします。
*2 オフィシャル公認の下で、EVによる本格的ドリフトカーは世界初登場である。


■電気自動車(EV)ドリフトカー スペック情報
●ベース車両:トヨタ・プリウス(ZVW30)をFR化【外装デザイン】T&E製エアロキット&ワイドボディキット
●チューニング内容:ハイブリッド⇒完全EV化、CVT⇒シーケンシャル6速マニュアルミッション化
          ニッケル水素電池1.3kWh⇒オリビン型リン酸鉄リチウム46kWh、FF⇒FR化
         モーター⇒直列2機・ツインモーター仕様、エアロキット⇒ VERTEX WIDE Ver.
         最高出力・約400PS、最大トルク・約800Nm以
●その他: EV車両製作 OZ MOTORS(株式会社オズコーポレーション;代表/古川治)
     製作パートナー 株式会社ティーアンドイー
     開発ドライバー 上野高広

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング