“辛さに優しさはいらない” 横浜の人気繁盛ラーメン店「G麺7」店主の3号ブランド監修!しびれる辛さが特徴の「汁無し担担麺」 11月4日(水)より発売

PR TIMES / 2015年10月28日 10時16分



東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の一都三県に560店舗のコンビニエンスストアを展開する株式会社スリーエフ(横浜市中区、社長:中居勝利、URL: http://www.three-f.co.jp/)は、神奈川県横浜市にあるラーメン店「ロ麺ズ」(ロメンズ)監修の第2弾となる汁無し担担麺を11月4日(水)に発売します。

[画像1: http://prtimes.jp/i/14824/1/resize/d14824-1-402853-1.jpg ]



■有名ラーメン店主の3号ブランド「ロ麺ズ」(ロメンズ)

[画像2: http://prtimes.jp/i/14824/1/resize/d14824-1-318917-0.jpg ]

横浜市南区六ッ川に今夏オープンした「ロ麺ズ」は、横浜市港南区上大岡の人気ラーメン店「G麺7」の店主である後藤将友氏が2号ブランド「啜磨専科(すすりませんか)」に続く、3号ブランドとして立ち上げたラーメン店です。行列が出来る繁盛店店主の3号ブランドとして、ラーメンファンから高い注目を集めています。この「ロ麺ズ」のメニューの再現を目指し、10月14日(水)に第1弾の監修商品となる“らーめん(合わせ正油)”(※写真右下)を発売しました。今回、その第2弾となる商品を発売します。


[画像3: http://prtimes.jp/i/14824/1/resize/d14824-1-527985-2.jpg ]

■第2弾は“しびれる辛さ”が特徴の汁無し担担麺
商品名:ロ麺ズ監修 成都式担担麺
価 格:498円(税込) 
発売日:11月4日(水)

「辛さに優しさはいらない」との後藤店主の意思を反映して、“辛さ”と“しびれ”を追求しました。中国四川省の成都市(せいとし)発祥の担担麺で、汁がなく、しびれる辛さが特徴です。
具材には大きめのひき肉・玉ねぎ・竹の子を使用。ラー油や韓国産唐辛子、ウーシャンフェン(中国香辛料)を熱して、香辛料の香りを引き立ててから炒めました。タレには日本の山椒に近い、“花椒”を使用し、香りとしびれが際立つ仕上がりとなっています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社スリーエフ お客様窓口フリーダイヤル
TEL 0120-48-3332
(土日を除く9:00~18:00)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング