福島県の子どもたちに “もっともっと元気に、もっともっと笑顔を”「きのこ体操キャラバンin福島」実施

PR TIMES / 2015年10月23日 18時13分

~元シンクロナイズドスイミング日本代表・青木愛さんもイベントに登場~

きのこの生産・販売を行うホクト株式会社(本社所在地:長野県長野市大字南堀138-1、代表取締役社長:水野雅義)は、子どもたちの健康のために、幼児期に取り入れたい運動の基礎となる要素や、丈夫でしなやかな体つくりのための要素が組み込んだ『きのこ体操』を日本女子体育大学と共同開発し、10月8日(木)から福島県限定の全5園の幼稚園・保育園で「きのこ体操キャラバン」を実施いたしました。




[画像: http://prtimes.jp/i/16061/1/resize/d16061-1-879212-1.jpg ]



「子どもたちの笑顔が夢を育み、未来を明るくする。」そんな想いのもと、2011年の東日本大震災後を機に始めた活動が、「きのこ体操キャラバン」の前身となる「きのこ音頭キャラバン」です。4年間で21,886名の子どもたちと笑顔の共有をしてまいりました。5年目を迎えた今年、子どもたちの「笑顔」のためにというだけではなく、より子どもたちの発達の一助になるものにと考え、「元気(健康)を、もっともっと」をテーマに、「きのこ体操」としてパワーアップリニューアルしました。

キャラバンでは、園児たちはホクトくんとブナピーちゃんと一緒に、リニューアルされた「きのこ体操」を一緒に楽しみ、体を目一杯動かしました。園児たちからは初めての体操に「ホクトくんやブナピーちゃんと一緒に体操できて楽しかった」など、喜んでもらえた様子でした。運動後は、ビデオを見ながらの食育についての授業やきのこのもぎとり体験、きのこ料理の給食を一緒に食べました。

またこの活動に共感し、ご連絡をいただき急遽参加することになった元シンクロナイズドスイミング日本代表選手・青木愛さんも10月15日(木)会津若松市とうみょう子ども園に駆けつけ、園児たちと一緒に「きのこ体操」で体を動かしたり、きのこのもぎとり体験をしました。園児たちと触れ合い「子どもの頃から活発に運動することは、本当に大切なことですよね。」とコメント。


10月 8日(木)10:00~12:00 伊達市認定こども園 大田(伊達市保原町大泉前原内246-1)
10月13日(火)10:00~12:00 南相馬市青葉幼稚園(南相馬市原町区二見町3-68-4)
10月14日(水) 9:30~11:30  白河市西こども園(白河市転坂96)
10月15日(木)10:30~12:30 会津若松市とうみょう子ども園(会津若松市大町2-1-45)
10月16日(金)10:30~12:30 郡山市並木幼稚園(郡山市並木5-14-53)

▶出演ゲスト
元シンクロナイズドスイミング日本代表選手・青木愛さん(10月15日のみ)


[動画: http://www.youtube.com/watch?v=Hxt0Tj9BFLk ]


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング