神戸の居酒屋・焼肉店にてビットコイン決済を導入

PR TIMES / 2016年6月3日 16時33分

~兵庫県初のビットコインが使える居酒屋・焼肉店~

 神戸市内の飲食店「居酒屋新」と、その姉妹店「炭火焼肉新日本」(代表太田直)で、6月より暗号通貨ビットコインによる決済の受付を開始しました。 兵庫県内の居酒屋店、焼肉店としては初の導入とみられ、他事業を含めても兵庫県で4例目とみられます。(自社調べ)



■ビットコイン決済の導入について

ビットコイン決済には「coincheck payment」を導入しました。
お客様は会計時、店舗のレジ(ipad)に表示されたQRコードを読み取り、送金ボタンを押すだけでお会計は完了。
レシートには日本円でのご利用代金が記載されます。海外からのお客様も為替レートの変動や両替手数料を気にすることなくスムーズにお会計が行えます。


[画像1: http://prtimes.jp/i/19541/1/resize/d19541-1-424893-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/19541/1/resize/d19541-1-881304-2.jpg ]



今後、当店では、ますます広がる仮想通貨決済のニーズに応えるため、さらに他の仮想通貨への対応を進めることにより、お客様にとってより利便性の高いお店を目指す予定です。

店舗名:居酒屋新
代表 :太田直(個人事業主)
所在地:神戸市中央区元町通3−2−17
電話 :078-335-8620
URL : http://r.gnavi.co.jp/fc2y0sbv0000/


店舗名:炭火焼肉新日本
代表 :太田直(個人事業主)
所在地:神戸市兵庫区上沢通2−5−10
電話 :078-576-2181
URL : http://kobebeef.hyogo.jp/newjapan/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング