インシュアテックとブロックチェーンのiBeedが5,000万円超の資金調達を完了

PR TIMES / 2018年4月23日 17時1分

~保険業界向けブロックチェーンプラットフォームの開発を加速~

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップであるiBeed株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 CEO 加藤 裕之、以下 iBeed)は、アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下 IBC)、ガルシア&カンパニー(本社:東京都港区、代表取締役社長:上野雄司)および経営陣を引受先とする5,047万円の第三者割当増資を完了したことをご報告致します。



■資金調達の目的
iBeedは保険事業者向けの保険証券の管理プラットフォームを基軸とし、個人向けの加入保険をポートフォリオで管理できるスマートフォンアプリ「iChain 保険ウォレット」およびブロックチェーンベースの保険業務プラットフォーム「iChain Base」の開発を進めていますが、今回の資金調達をもって、開発チームおよびオペレーションチームの拡充を図ります。

■資金調達に関する当社のコメント
今回資金調達についてiBeedの取締役COOである後藤 康成は以下のようにコメントしています。
「保険×ITであるインシュアテック市場は今年に入り大きな注目を集めており、今後急激な成長が期待できる市場です。このような成長市場の中でiBeedは保険業務をブロックチェーン技術により支援するプラットフォーム「iChain Base」の開発を進めていますが、今回の資金調達にて「iChain Base」の開発を加速させ早期に市場に投入させます。」

■「iChain 保険ウォレット」について
「iChain保険ウォレット」は個人向けの加入保険のポートフォリオを管理できるスマートフォンアプリです。保険契約者、保険金受取人、保険金、保険期間および保険証券をスマートフォンで閲覧できます。保険金受取人と契約情報を共有できるので、もしもの場合の保険金申請がスムーズにできます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/33526/1/resize/d33526-1-993277-0.jpg ]

iChain 保険ウォレット 画面イメージ

■「iChain Base」について
「iChain Base」は保険事業者向けの保険業務プラットフォームです。保険証券情報をブロックチェーン上に保存することで安全性、信頼性が担保された環境で、保険証券や保険金支払いプロセスを管理します。保険事業者の基幹システムとAPIにより連携され、「iChain 保険ウォレット」により保険契約者に対して保険証券情報を提供します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/33526/1/resize/d33526-1-481080-1.jpg ]


■iBeed株式会社概要
iBeedはブロックチェーンテクノロジー(分散台帳技術)をベースに保険業界にイノベーションを起こすインシュアテックスタートアップです。

個人に対して、これまで紙ベースで行われてきた加入保険の保険証書をスマートフォンで管理できるようにします。「もしも」のときに迷わずに保険金請求ができるような「世の中を少し便利にする」世界観を実現します。

保険事業者に対しては、ブロックチェーンベースの保険証券管理および保険金支払いプロセス管理のプラットフォーム「iChain Base」により、保険事業者のメインフレームからWebを中心とした分散技術へのトランスフォーメーションを進めていきます。

会社名:iBeed株式会社(英語名:iBeed. Inc.)
所在地:東京都中央区新川1-8-8
設立日:2016年4月1日
資本金:52,710,000円(2018年4月23日現在)
代表者:代表取締役 CEO 加藤 裕之
URL : https://www.ibeed.co.jp/

本件に関するお問い合わせ
iBeed株式会社 担当後藤 ibeedinc-inquiry@ibeed.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング