6月1日、ブロックチェーン技術で著作権を守り、2次元クリエイターとファンをつなげるプラットフォーム「CFun」のβテスト版を発表。

PR TIMES / 2018年6月7日 10時1分

~改ざん不可能なブロックチェーン技術とスマートコントラクトで著作権を守り、二次元クリエイターの中国進出をサポート

CFunジャパン株式会社は、マンガやイラスト、小説などの2次元のクリエイターたちの作品と中国、ひいては世界中のファンとをつなげるプラットフォーム「CFun」のβテスト版を6月1日に発表しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/34723/1/resize/d34723-1-715973-0.jpg ]

マンガ、アニメなど二次元文化において、日本は世界でもトップレベルのスキルを持つクリエイターたちが存在し、日々、多くのすぐれた作品が生み出されています。しかし、その多くが世の中に知られるチャンスがなく、発見されることなく埋もれてしまっているのは残念なことです。

一方、中国の二次元ファン人口は2.8億人と言われており、日本の二次元作品に対する興味や理解のあるファンは多く、ひとつの文化を築いている現状があります。

【プラットフォーム「CFun」とは】
「CFun」は、マンガ、イラスト、声優、小説、ゲームなどの二次元コンテンツのアップロードとユーザーとの対話を可能にする画期的なプラットフォームです。これにより、クリエイターたちは国際的にユニークな作品を展開することができ、作品の発見や拡散、企業との取引など多くの機会を得ることができます。

海外のユーザーは日本のクリエイターの二次元文化に触れることができます。ファンとクリエイターは、お互いに学び合うことができ、アイディアを交換することで、新しい分野を開拓できます。

CFunは改ざん不可能なブロックチェーンで著作権を守ります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/34723/1/resize/d34723-1-141338-4.jpg ]

プラットフォーム「CFun」の最もユニークな特徴は、著作権を保護し公正なサポートができるプラットフォームであるということです。「CFun」では、情報の改ざんが不可能なブロックチェーン技術とスマートコントラクトを融合させたシステムを駆使して言語の問題や著作権問題をクリアにし、日本の二次元作品のクリエイターや企業の海外進出をサポートします。

2018年5月30日、CFunジャパン株式会社は、中国の著作権問題専門家の陳弁護士を招いて、「海外での著作権」にかかわる講演会を開催し、日本と中国の著作権の違いや著作権が侵害された場合の対応方法について、事例を踏まえて説明。ブロックチェーン技術によって著作権が守られる「CFun」の仕組みについて解説しました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/34723/1/resize/d34723-1-818608-5.jpg ]

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング