Bリーグ所属「熊本ヴォルターズ」 プロスポーツクラブとして世界初となるICO実施計画のお知らせ

PR TIMES / 2018年6月21日 12時1分

日本男子プロバスケットボールのトップリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」に所属する熊本ヴォルターズの運営会社である熊本バスケットボール株式会社(所在地:熊本県熊本市、代表取締役社長:湯之上聡 代表取締役CEO/共同代表:内村安里)は、ホームタウンである熊本県の地域活性化と若手選手育成支援によるチーム力強化を目指した「プロモーションポイントとデジタルアセットを発行するプラットフォーム」を構築するために、プロスポーツクラブとして世界初となるICO(Initial Coin Offering)の実施を計画していることをお知らせ致します。



日本男子プロバスケットボールのトップリーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」に所属する熊本ヴォルターズの運営会社である熊本バスケットボール株式会社(所在地:熊本県熊本市、代表取締役社長:湯之上聡 代表取締役CEO/共同代表:内村安里)は、ホームタウンである熊本県の地域活性化と若手選手育成支援によるチーム力強化を目指した「プロモーションポイントとデジタルアセットを発行するプラットフォーム」を構築するために、プロスポーツクラブとして世界初となるICO(Initial Coin Offering)の実施を計画していることをお知らせ致します。

背景と課題認識
1. 熊本地震からの復興
2016年4月の熊本地震から2年が経過しましたが、熊本県およびその周辺地域では、依然として約3万6千人もの方々(※平成30年4月末時点)が仮設住宅での暮らしを余儀なくされています。被災者の方々が地震前の暮らしを取り戻し、安心した生活を送れるようになるには、熊本県内外を問わず企業・団体・コミュニティの皆様による被災者の方々への直接・間接的支援が必要不可欠です。熊本ヴォルターズは、熊本県をホームタウンとする地域プロスポーツクラブとして、被災者の方々と熊本を取り巻く全ての皆様とを繋ぐ存在となり、地震からの復興そして地域活性化の一翼を担っていきたいと考えております。

2. プロスポーツクラブとクラブを支えるファンとの繋がり強化
三菱UFJリサーチ&コンサルティング、およびマクロミルの調査によると、プロ野球やJリーグ等、日本国内におけるプロスポーツのファン人口は、過去10年間で緩やかな減少傾向にあります。Bリーグは発足からまだ2年しか経過しておらず、リーグ全体の積極的な取り組みにより昨年比でファン(ブースター)人口は増加していますが、置かれている環境は他プロスポーツと同様に厳しいものと理解しております。このような中で、特に熊本ヴォルターズのような親会社を持たない市民プロスポーツクラブは、ファンとの結びつきを更に強固にし、ホームタウン周辺に留まらず広く国内外からファンを呼び込むための新しい取り組みが必要です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング