大学生によるアート×ソーシャルのファッションブランド”Raipons”がサラリーヒューマンTシャツを発売

PR TIMES / 2018年8月23日 12時1分

初リリースはテーマをジェンダー×仕事に設定した「サラリーヒューマンTシャツ」を数量限定で発売

Gate10 projects OU(Ltd.)(本社:Tallin,Estonia、代表取締役:成田航平・深澤まぶね)はアート×ソーシャルのファッションブランド、Raipons(ライポンズ)を立ち上げました



[画像1: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-395779-10.jpg ]


■Raiponsについて

[画像2: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-361091-3.jpg ]



Raiponsとは、社会に対するメッセージをファッションによって広めていくアパレルコミュニティです。特定のイデオロギーに偏ったり、難解で近寄りがたい言葉を使ったりせずにファッションというポップカルチャーに落とし込むことによって、より気軽に、ゆるく、社会のことを考えるきっかけを作り出します。Raiponsはファッションをデザインすることに始まり、メディア(@raipons_official)やイベントを通じて社会に存在する人々へのバイアスを取り払う事をミッションとしています。

■背景にある思い
この社会では誰もが何かしらの生きづらさを抱えて生きており、その解消に「多様性を大切に!」「男女平等!」と言ったイデオロギーで挑んでも世の中は変わりません。楽しくてクールでかっこいいものこそ人々の認識を変えて次の世界を作り出すものと信じています。そのような思いの元、まず私たちはアートやカルチャーの領域からクールでかっこいいTシャツを通じて次の世界の価値観を生み出していきます。

■販売する商品について

[画像3: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-170207-0.jpg ]

第一弾はテーマをジェンダー×仕事に設定して「サラリーヒューマンTシャツ」をWebショップ( https://raipons.theshop.jp )にて数量限定で発売します。サラリーマンとOL、カメラマンとカメラ女子といった性別に依存した呼称に始まり、働き方の中にはたくさんのジェンダーバイアスが存在します。例えば管理職における男女比率のような話から飲み会でのサラダ取り分けまで。そこで私たちの頭に染み付いたサラリーマンというジェンダーのバイアスが織り込まれた呼称を“サラリーヒューマン”という中立的な表現にアップデートすることで根本にあるバイアスを打ち砕く事を意図した作品です。


[画像4: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-791351-9.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-893715-11.jpg ]


■ポエトリー(裏面)
本Tシャツの裏面にはジェンダーレスを表現する”サラリーヒューマン”をタイトルとした以下のようなポエトリーが書かれています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-140194-4.jpg ]


忘れがちなことだけど、人は生きるために働く。
生きるためにはガソリンが必要だ。
それは恋人かもしれないし、ラーメンをすすることかもしれない。
その人の場合は だった。
毎朝決まった時間に飛び起き、電車に飛び乗る。
4号車3番ドアで押し潰されてる顔ぶれは同僚ではないが、戦友だ。
夜には大切な人のために食事を作る。
休日に飲む一杯のお酒は欠かせない。
いつの間にか孫の顔が見たいとせがまれるようになり、
たまに行く合コンではサラダを分けたりする。
どこにでもありそうで、どこにもない
そんな人生をたまらなく愛している。
その人はどこにでもいる70億通りのうちの1つの人だ

■商品情報
サラリーヒューマンTシャツ
発売場所: https://raipons.theshop.jp
価格:各¥3200(税込)

■メンバー

[画像7: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-569520-7.jpg ]


内矢舜
-日本大学芸術学部4年
東京都世田谷区出身。シティボーイになりたいボーイ。差し色はオレンジ。夏はアイスが好きで、冬はカフェラテが好き。死ぬ前に食べたいものはカレー。猫アレルギーだけど猫が好き。好きなブランドはラルフローレン。しいたけ占いを毎週見るのが趣味で、ANAに乗って旅をする。定期的に行きたいのはニューヨーク。人生はライミング。来年はもっとゆりかもめに乗りたい。@_shucy_ ポートフォリオ: http://shunuchiya411.tumblr.com/

[画像8: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-791410-5.jpg ]


成田航平
-東京大学法学部4年
「社会が作り出す機会格差を地球上から一掃する」ことをライフミッションとし、非大卒支援を行うハッシャダイにて複数事業を立ち上げ、自身としてもエストニアにてGate10 projects OÜを共同創業者として起業、地域での教育プログラムの開発、アパレルブランドのデザインを行う。またダボス会議によるglobal shapers yokohama hubのメンバーとしても活動。


[画像9: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-485946-6.jpg ]


深澤まぶね
-早稲田大学社会科学部4年
Gate10 projects OU共同創業者として、同法人で教育格差や社会の偏見に着目し複数のプロジェクトを行う。並行して、ハッシャダイ総合研究所にて社会的再生産メカニズムの研究を通して、ソーシャルビジネスの効果検証や社会課題把握に取り組む。またネパール・熊本大震災の緊急支援などの経験を経て准認定ファンドレイザー資格を取得、以降NPO団体などの資金調達を行う。

■会社情報

[画像10: https://prtimes.jp/i/35645/1/resize/d35645-1-966232-8.jpg ]



会社名:Gate10 projects OÜ
所在地:Pärnu mnt 141-59, Tallinn 11314,Estonia
設立:2018年7月4日
代表者名:Co-founder 成田航平/深澤まぶね
ウェブサイト: https://gate-10.wixsite.com/mysite
連絡先:raipons@gate10.info

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング