第1回BICグローバル・エデュケーション・ウィークを発表<10月1日~5日>

PR TIMES / 2018年9月28日 12時40分

40ヵ国以上のBICの社員が、こどもたちの学習環境改善のためのボランティアイベントに参加◆日本ではワークショップイベントを10月7日(日)に開催◆

 消費財メーカーのリーダーとして世界中で認知されているBIC(日本法人=BICジャパン株式会社 本社:東京都中央区、代表取締役社長: 井上恭史)が、初めてとなるグローバル・エデュケーション・ウィークを2018年10月1日から5日まで開催します。2025年までに、2億5千万人の子供たちの学習環境を改善するという活動を支援するためのものです。この週に、世界各地で働くBICの社員は、それぞれの地域におけるこどもたちの学習環境改善のために1日ボランティア活動に従事します。
 日本では、BICの社員が子供たちに文具について学んでもらい、工作やお絵かきを通じて想像力を高めるワークショップイベントを10月7日(日)に行います。




[画像: https://prtimes.jp/i/37971/1/resize/d37971-1-820298-1.jpg ]

 過去数十年にわたり、BICは教育に纏わる改善活動を支援して参りました。グローバル・エデュケーション・ウィークは、2016年のBIC教育企業基金(BIC Corporate Foundation for Education)、2017年のBICの支援活動を世界的により緊密にするために設けられた教育事業部長の選任に続くもので、これまでの一連の教育支援の中で、最も新しい取り組みとなります。
 CEOのゴンザロブ・ビックは、「教育は世界を変える力を持っている。ただ、残念なことに、全世界の20億人の14歳以下の子供たちの半数以上が、最低限の学習すら終えないうちに学校から去ってしまっています。BICにおける長期目標の核となる項目の一つに、〔教育を通じて世界をよりよく改善する〕があります。私は、グローバル・エデュケーション・ウィークの期間を通じて、40ヵ国以上の地域において、本当の変革を起こすために、我々の支援を必要としているコミュニティに、世界規模で大きな第一歩を踏み出すことができればと、大いに期待しています。それぞれが果たすべき役割を認識し、BICが変化を起こすための一助となる活動ができることを誇りに思います。」と語りました。

【日本でのイベント概要】
■身近な文具を学ぶイベント
~パパ、ママも一緒に遊ぼう~キッズのための文房会
日  時:2018年10月07日(日)14:00~16:00
開催場所:芸能花伝舎 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6丁目12−30
内  容:一時間目「身近な文具の世界について」のレクチャーを行います
     二時間目「実際に文具を使って、ワークショップ形式での工作」をします

BIC初のグローバル・エデュケーション・ウィーク、および教育を通じて生活を改善する活動についての詳細情報は、www.bicworld.comにてご確認ください。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング