SmartCoin Exchange社の新仮想通貨サービス「スマートコイン」

PR TIMES / 2018年10月5日 13時40分

使用できる全てのポイントをスマートウォレットを通して、スマートコインに変換して通常の貨幣のように使用できる



SmartCoin Exchange社(韓国)の新しい仮想通貨サービス「スマートコイン」は使用できる全てのポイントをスマートウォレットを通して、スマートコインに変換して通常の貨幣のように使用できるというものだ。

ブロックチェーンの技術の拡張を安全で、便利な暗号貨幣取引きの新しい市場を開拓していく。

また、未来の状況にあわせて変化する環境に自ら適応する人工知能 SELF-EVOLUTION 機能を通して、未来の IoT技術と共に持続可能な発展を目指す。

[画像1: https://prtimes.jp/i/38154/1/resize/d38154-1-664293-0.jpg ]


●スマートコイン(SCC) 技術の特徴:

安全性
・取り引きの金額によって難易度を調整
・ハイブリッドの方式の仮想口座の承認システム
・ランダムアルゴリズムを基盤にして、新しい技術を融合した暗号貨幣の基準を提示

利便性
・スマートウォレットは公開鍵(Public Key)と秘密鍵(Private Key)を自分が使いやすい配列に変換
・BtoB契約の企業にブロックチェーン基盤の取引システムのプラットホームサービス提供

透明性
・独自のアルゴリズムを使ったマスターノードを通して早い検証と認証を実行
・完璧な情報を全てのノードに配布して、取引の透明性と完結性を保障
・全ての取引は、向後自体のスマート契約の技術と組み合わせて、オン/オフの実名確認を通した2次検証システム確保

汎用性
・スマートウォレットは契約された全ての暗号貨幣をスマートコインと交換可能
・振込み、預入、両替が簡単で、取引所の登録などが詰まった優秀な暗号貨幣でも、新しく流通が可能
・既存のポイントとDB 共有をし高速化

お得
・ゲームマネー、カード、航空会社及び携帯通信事業者などから提供されるポイントをスマートコインに交換
・コミュニティーやSNSに支払いする報償をスマートコインに代替
・流動性を通じて、価値が自動かつ持続的に上昇

SCCの主な技術的な内容は5つに分けられます。

PoH(Proof Of Human)
・スマートブロックチェーンは人間だけが解ける、人間認知形の問題を全体ノードに提供し、また個人個人がブロックを検証し、生成できる人間証明システム

POH(Proof Of Human)
・イメージ境界線上 ピクセルの色相の情報をイコライゼーション 及び ランダマイズして AI追跡を不可能にする
・人間のイメージの認知能力だけで、パズルを合わせるようにデジタル情報

Smart difficulty
・取引の形によって難易度を調整
・一定の基準に基づいて異常な取引を感知すれば、システムはブロック作りに、正常さが確認されるまで取引の難易度をあげる。

SCC Tail
・この技術はコインのハッキングを根本的に防ぐ方法である。正常ではない取引(取り引きの金額が高すぎる、または一定金額が繰り返して送られる場合)が確認できた時に取り引きされるコインのデータにマーク、または特定のコードなどをつけて取り引き不可能な状態にする方法である。
・変換したコインは、不法性が確認されたら元の状態で回収が可能である。

スマートセレクション & ドロップ

Safety(安全性)
Efficient(効率性)
Fairness(公正性)

・スマートブロックチェーンはほとんど実時間でブロックが生成され、数多くのアンクルブロックたちが発生
・スマートランダムドロップ方式で、保安性強化及び効率的なブロック選択
・ブロックチェーンの基盤となるハッシュ暗号により、ランダム選択記法の安全性がより高い。
・検証された全てのノードを同じ確率で選択、ネットワークの速度などで引き起こされた公平性も確保できる。

POR(Proof Of Random)
・既存の方式では、マスターノードたけが独占的な権利を持っていたことに対して、スマートブロックチェーンのプラットフォームでは、どんなノードがブロック生成に参加するのかをランダムに選択してこの権限が与えられる。
・これは全てのノードに公平な機会を与え、また対象を特徴できなくてハッキングされる問題からも解放される。

SmartCoin Exchange社には六つの事業があります。
1. ICOプラットホーム
2. SCC(SmartCoin Exchange)取引所
3. Ghost talk (Global SNS Service) プラットホーム
4. Miningゲームスマート
5. 直取引プラットホーム
6. 相互サポートプラットホーム

[画像2: https://prtimes.jp/i/38154/1/resize/d38154-1-382674-1.jpg ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング