【新刊】アパレルブランド「ディッキーズ」の爆発的成長を導いた業界注目の経営プロフェッショナル、初の著書『成功に奇策はいらない』出版のお知らせ

PR TIMES / 2019年1月22日 18時40分

アパレル不況の中、6年で売上10倍に!低成長マインドを打ち破る快著。

英治出版株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 原田英治)は、アパレル業界で活躍する経営プロフェッショナル、平山真也氏の初の著書、『成功に奇策はいらない――アパレルビジネス最前線で僕が学んだこと』を出版いたします(2月6日発売予定)。




アパレル不況の中、6年で売上10倍に! 低成長マインドを打ち破る快著
近年アパレル業界は低迷しており、「斜陽産業」や「変われない業界」の典型例とも目されています。そんな中、爆発的な成長が注目されたのがカジュアルブランドDickies(ディッキーズ)。2011年の日本法人設立から社長を務め、2013年からは中国法人の社長も兼務、両国合計で売上高約10倍という大幅な成長を実現したのが平山真也氏です。現在はアパレル専門の「変革請負人」として大手アパレル企業を支援する同氏の経営手法・考え方をまとめた著書を発行します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/41064/1/resize/d41064-1-296074-7.jpg ]


ベイン・アンド・カンパニー、リクルート等を経てアパレルの世界に入った平山氏は、アパレル業界にはびこる様々な慣行(セールの常態化、商品企画の軽視・外注、若者の低賃金での酷使など)を厳しく批判し、「人・現場・ブランド」を大切にして「当たり前のことを徹底してやり抜く」経営によって高成長を実現してきました。本書は具体的なエピソードを交えつつ、平山氏の経営・仕事への考え方を伝え、「どんな会社でも成長できる」ことを強く訴える快著となっています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/41064/1/resize/d41064-1-853288-8.jpg ]


「当たり前の徹底」が圧倒的成果を生む。今こそ必要な「奇策に頼らぬ経営」
平山氏が主張する「当たり前のことを徹底すること」は、忘れられがちなことであり、「実行するのは難しい」ことでもあります。特に近年、AI、IoT、シェアリングなど新たな技術・トレンドが注目を集める中、「目新しい施策に頼る前に、本来やるべきことができているか」を問い、実行を後押しする本書は、多くの経営者・マネジャー層に深い気づきをもたらすと思われます。
「事業変革はその会社の歴史を知ることから始める」「アート&サイエンスが成功の鍵」「若者を使い捨てにする会社に未来はない」「未来がわからないからこそ、作り手側の“思い”が大事」「会社によって耐えられる“変化の総量”は決まっている」「コンピテンシーを重視して採用すれば、多様性のある組織になる」など、経営の現場で培った様々な視点・ノウハウを満載しています。


■読者モニターからの声
「著者の生々しい実体験と失敗からの学びを具体的に書いてあり、今後のキャリアを考える上で、また一つ上のビジネスを作る上で、非常に参考になる」(人材・教育サービス企業役員)
「現実の課題から逃げずに、真正面から取り組む以外に成功はない。シンプルだが冷徹なこの現実をビジネスパーソンに突き付け、覚悟と奮起を促す本」(金融機関勤務)
「苦しい状況でも『まだやれることがある』と勇気が湧いてくる良書」(ベンチャー企業経営者)


■著者プロフィール
平山真也(ひらやま・しんや)
グローバル・コマース・イノベーション・リミテッド マネージングディレクター
[画像3: https://prtimes.jp/i/41064/1/resize/d41064-1-101522-2.jpg ]


1978年、大阪府生まれ。ベイン・アンド・カンパニー、リクルートを経て、2002年よりカートサーモンアソシエイツにて大手小売や消費財企業に対するコンサルティングを手がける。2006年、中国の大手アパレルブランドMetersbonweの戦略担当役員に就任し、同社の経営再建に従事。2008年、アメリカのアパレルブランド、ディッキーズの中国法人の立ち上げに副社長として参画。2011年にディッキーズ日本法人を立ち上げ、社長に就任。1 年目より黒字化を実現し、その後も大幅な増収増益へと導く。2013年3月に北アジア社長、北アジアプレジデントに就任。日中両国で飛躍的な成長を実現し、売上高は2017年まで平均45%の成長、6年間でほぼ10倍となった。2018年4月に退任し、グローバル・コマース・イノベーション・リミテッドを設立、アパレル・小売企業向けの経営コンサルティングおよび経営戦略実行支援・代行を行っている。


■書籍概要

「当たり前の徹底」が圧倒的な成果を生む
[画像4: https://prtimes.jp/i/41064/1/resize/d41064-1-756081-9.jpg ]

「斜陽産業」で6年で売上10倍の高成長はどのように実現されたのか? セールの乱発、企画の丸投げ、商品の画一化、若者を低賃金で使い捨てにする経営……アパレル業界の悪しき慣習を厳しく批判し、人・現場・ブランドにこだわって大成功。「人を幸せにする産業」アパレルの可能性を信じ、愚直にビジネスに向き合う中で見出したものとは? 日本と中国、両国で厳しい事業環境を乗り越え、Dickies(ディッキーズ)の爆発的成長を導いた経営プロフェッショナルの仕事論。

第1章 アパレルは成長産業だ
第2章 僕のアパレルビジネス奮闘記
第3章 アート&サイエンスが成功の鍵
第4章 ほんとうに人を尊重する経営とは
第5章 なりたいものになる勇気を持て

[四六判ソフトカバー、216頁、定価1,620円、2月6日発売]

【本件に関するお問い合わせ先】
英治出版株式会社
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 ピトレスクビル4F
Tel: 03-5773-0193 Mail:editor@eijipress.co.jp(担当:高野・鈴木)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング