建売住宅にロボットホームが開発するIoT機器「Apartment kit」の導入が決定!

PR TIMES / 2019年8月26日 16時40分



株式会社Robot Home(本社:東京都渋谷区/代表取締役:松園勝喜、以下ロボットホーム)は、福岡を中心に戸建住宅の開発・分譲事業を展開する株式会社ニーズコーポレーション(本社:福岡県福岡市博多区/代表取締役:古賀和也、以下ニーズコーポレーション社)が企画開発・販売を行う建売住宅へ、ロボットホームが開発するIoT機器を導入することが決定しましたので、お知らせします。

◯建売住宅にIoT機器を導入し、スマートなライフスタイルを実現
ニーズコーポレーション社は、戸建住宅における防犯性の課題解決や生活利便性の向上を行うため、IoTの活用を推進しており、この度、ロボットホームが開発する「Apartment kit」を、同社が企画開発、販売を行う「ニーズヴィラ室見駅南」および2020年1月に福岡市東区で販売開始予定の建売住宅に導入することが決定しました。

導入機器は、タブレット型ゲートウェイであるセントラルコントローラーを始め、窓やドアの開閉・揺れを感知してスマートフォンに通知するタグセキュリティや、IR(赤外線通信)を活用したネイチャーセンサーリモートコントローラー、4つの方法で解錠できるスマートロックの4点です。オートロックや入室記録、不正解常時の警報に対応したスマートロック、また、窓の揺れ・閉め忘れを検知してスマートフォンとセントラルコントローラーにお知らせするタグセキュリティで防犯性を向上させるほか、セントラルコントローラーとネイチャーセンサーリモートコントローラーの連携による、外出先から部屋の温度・湿度の状況を見てエアコンを操作できるようになるなど、安心安全で快適な生活を提供いたします。

当社グループでは、現在他社賃貸物件、戸建住宅への導入を推進しており、今後も「Apartment kit」のさらなる普及を目指してまいります。

◯物件概要
物件名:ニーズヴィラ室見駅南
販売価格:4,498万円
住所:福岡市早良区小田部1丁目29-1
土地面積:132.07平方メートル (39.95坪)
構造:木造2階建
間取り:4LDK
区画:全3区画
※2020年1月に福岡市東区で販売開始予定の物件概要は未定です。
[画像1: https://prtimes.jp/i/45537/1/resize/d45537-1-368662-0.png ]


◯ロボットホームのIoTサービス「Apartment kit for Customer」について
「Apartment kit for Customer」は、誰でも手軽にIoTの賃貸住宅を提供できるIoTサービスです。「Apartment kit for Customer」を活用することにより、居住者においては、生活の利便性と安全性を高めるとともに、室内のセントラルコントローラーを活用した多様なライフスタイルの実現ができます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/45537/1/resize/d45537-1-893869-1.png ]



◯ニーズコーポレーション社概要
社名:株式会社ニーズコーポレーション
設立日:2010年1月20日
資本金:1,000万円
代表取締役:古賀 和也
所在地:〒812-0011福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目4-8 ダヴィンチ博多シティ3F
事業内容:新築戸建分譲事業、新築マンション受託販売事業、不動産仲介業、IoT不動産事業
ウェブサイト: http://www.realestate-neez.com/

◯ロボットホーム概要
社名:株式会社Robot Home
設立日:2016年4月1日
資本金:2億5,500万円
代表取締役:松園 勝喜
所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-8-21F
事業内容:
IoT 機器の開発・製造・販売
IoTを活用したスマートホームサービスの開発・販売
IoTを活用した賃貸管理サービスの開発・販売・運用保守
IoTを活用した不動産オーナー向けアプリの開発・運用保守
ウェブサイト: https://www.robothome.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング