「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-」開催 来年発売予定のNEW 208、電気自動車NEW e-208を日本初公開

PR TIMES / 2019年10月5日 22時35分

10月19日(土)~26日(土)六本木ヒルズにて

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社(本社:東京都目黒区、社長:クリストフ・プレヴォ)は、2019年10月19日(土)から26日(土)の8日間にわたり、独自のプジョーブランド体感イベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE- 」を六本木ヒルズ(東京・港区)の大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペースにて開催することを発表いたします。本イベントでは、2020年Q3導入予定のNEW 208と電気自動車のNEW e-208を参考展示いたします。また、日本初導入となる新コンセプトMPVのRIFTERも展示いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-260652-0.jpg ]

今回開催されるイベント「PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE- (プジョーショー2019 -アンボーリング・ザ・フューチャー」は、日本国内で好調な販売を記録しているプジョーブランドのさらなる浸透を狙いとした独自イベントです。テクノロジーに支配されるのではなく、感動に溢れたクルマ創りを続けていくプジョーブランドの想いを込めた“UNBORING THE FUTURE”の新しいブランドビジョンとともに、お客さまに電動化*を含めたプジョーの現在と未来を体験いただける場となります。

本イベントでは、新ブランドメッセージの“UNBORING THE FUTURE”を具現化する新コンパクトカー、NEW 208およびNEW e-208(BEV=電気自動車)の先行展示、18日(金)のプレス発表会にて発表・発売となる日本初導入の新コンセプトMPV(マルチパーパスヴィークル)「RIFTER(リフター)」のお披露目、好調なセールスを記録しているSUVの5008、フラッグシップサルーン508などの現行車種の展示をいたします。さらに開催期間中は308 SW、508、3008の各モデルの会場周辺での試乗も可能となっています。

※会場パースはイメージです。実際の会場と細部が異なる場合がございます。

展示モデル
NEW 208(日本初公開/参考展示)

[画像2: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-996775-1.png ]

2019年3月のジュネーヴ国際自動車ショーにて世界初公開となった新コンパクトカーを日本初公開いたします。プジョーの新デザイン言語と新コンパクトプラットフォームCMPを採用し、最新のADAS(先進運転支援機能)と環境性能、走行性能を誇ります。インテリアは新世代UI/UXとなる3D i-Cockpitを採用しています。なお、国内発売は2020年Q3を予定しています。

[画像3: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-407267-2.png ]

NEW e-208(日本初公開/参考展示)

[画像4: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-393305-5.png ]

NEW 208の内燃機関(ガソリン/ディーゼル)版と同時に世界初公開となったフルEV(電気自動車)コンパクトカーです。モーターの最大出力136HP、最大トルク340Nm、バッテリー容量50kWhで、一回の充電で最340km(WLTP)、450km(NEDC)の走行が可能です。なお、国内発売は2020年Q3を予定しています。※展示車両のボディカラーは赤となります。

[画像5: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-277877-3.png ]


RIFTER(日本初導入)


[画像6: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-995617-6.png ]

2018年の欧州デビュー以来、日本のお客さまから大変多くのリクエストをいただいている新コンセプトMPV「RIFTER(リフター)」(欧州仕様)を展示いたします。独特のSUVのようなスタイルと走行性能、利便性溢れるスペース、高い実用性からアウトドアアクティビティやビジネスにおける活躍が期待されます。また、308、3008、5008で定評あるプラットフォームEMP2を採用したことによる最新の安全装備と快適装備によりこのセグメントにおける話題となることは間違いありません。来年夏の日本本格導入に先駆けたデビューエディションを18日に発表いたします。※展示車両は欧州仕様車となります。

[画像7: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-265502-4.png ]


508 GT BlueHDi

[画像8: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-663974-7.jpg ]

5008 GT BlueHDi

[画像9: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-142711-8.png ]

308 TECH PACK EDITION

[画像10: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-100553-12.png ]

車種、グレード、ボディカラーの変更がある場合がございます。ご了承ください。

試乗モデル
508 SW Allure

[画像11: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-224440-9.png ]



3008 GT Line

[画像12: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-562739-10.png ]

308 SW TECH PACK EDITION

[画像13: https://prtimes.jp/i/49622/1/resize/d49622-1-730816-11.png ]

ご試乗のお申し込みは当日会場にて承ります。ご試乗は11:00~18:00の間で30分の枠となります。車種、グレード、ボディカラーの変更がある場合がございます。ご了承ください。
写真は欧州仕様車です。

PEUGEOT SHOW 2019 -UNBORING THE FUTURE-について
開催期間: 10月19日(土)~26日(土)11:00~20:00
     ※体験試乗は11:00~18:00
     ※プレス発表会は18日(金)14時~15時(予定)
会 場 :六本木ヒルズ 大屋根プラザおよびヒルズ カフェ/スペース
     東京都港区六本木6-10-1
主 催 :プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
U R L: https://web.peugeot.co.jp/peugeot-show2019/

注:本リリース、プレゼンテーションおよび展示などにおける「電動化*」(英語:electrifiedなど)は、動力源として、ICE(Internal Combustion Engine:内燃機関)に加えて電気を使用したハイブリッド(HEV)、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)などを含む表現です。必ずしもバッテリーと電気モーターのみを動力源とした電気自動車(BEV、フルEV)だけを指すものではありません。

PEUGEOT
顧客へのブランドのコミットメントは、爽快で情熱に満ちたドライビング、個性的なデザイン、そして妥協のない品質を示しています。これらのDNAは、プジョーの全てのモデルに注がれています。プジョーは世界へ向けて多彩な商品を提供するメインストリーム・ブランドを目指し、緻密なデザイン、高い品質水準、そしてエモーションを融合しています。1889年に始まったブランドの歴史は、2017年ダカールラリーにおける3008DKR の歴史的な1-2-3 フィニッシュによって新たな栄誉を獲得、2018年も総合優勝を果たし3連覇を達成。UNBORING THE FUTUREの新ブランドタグラインは、テクノロジーに支配されるのではなく、未来においても感動に溢れたクルマ創りを続けていくというプジョーの決意を表しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング