2019世界センサー大会が開幕、中国(鄭州) スマートセンサーバレープランが初公開

PR TIMES / 2019年11月21日 13時55分



11月9日の朝、2019世界センサー大会が鄭州国際展示センターで開幕しました。大会は工業情報化部、中国科学技術協会、河南省人民政府より指導され、中国計器学会、河南省発展改革委員会、河南省科学技術庁、河南省工業情報化部、中共河南省外事工作委員会事務所、河南省科学技術協会、鄭州市人民政府より主催され、中国計器学会、鄭州国家ハイテク産業開発区管理委員会より主管する請け負われた大会です。中国、米国、日本、ドイツ、英国、イタリア、韓国など8カ国・地域からの12の国際組織の専門家、シーメンス、松下、ハネウェル、GE、アリババ、京東、ダッソー、中国石油、中国航天研究院などの企業代表及び300名以上のセンサー業界のブランド企業が大会に参加しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/51652/1/resize/d51652-1-711655-0.jpg ]



2019世界センサー大会では、中国(鄭州)スマートセンサーバレープランが正式に発表されました。プランは明確に二つの目標を掲げました。それは、千億レベルの産業クラスターを構築し、センサータウンを建設し、「一谷多点」の産業空間レイアウトを構築する同時に、良好な産業生態環境と効果的な収集手段を形成することです。


「3つの特色産業チェーン」と「3つの産業クラスター」の建設に焦点を当て、鄭州ハイテク区は持続的に革新能力を向上させています。例えば、鄭州スマートセンサー研究院を建設し、スマートセンサープラットフォームを導入し、技術革新を促進しながら、産学研のプラットフォーム協力を推進します。既存の国家実験室と大学リソースに基づいて、大学と企業の協力を深化させ、共通技術のテストプラットフォームを建設します。鄭州スタンダードと検測基準を確立し、産業発展を促進します。


計画の円滑な実施を確保するために、プランと戦略には、政策保障、要素保障、環境保障などの内容も含まれます。資源のリンクと有効な政策設計によって、良好な投資手段と産業資源リンク手段を形成し、高品質のプロジェクトのアウトプットとインプットを確保します。

APUSは全世界の14億ユーザーに向けて、モバイルサービスを提供する専門会社です。内蔵式APUSシステムプラットフォーム及び人工知能広告ソリューションを通じて、WSS2019を普及されています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング