カリマーが抗菌・抗ウイルス機能を施した商品開発をスタート

PR TIMES / 2020年7月16日 18時40分

ポリジン社「ViralOff(R)」を採用したプロダクトを21 年春夏シーズンより発売開始

この度、カリマーインターナショナル株式会社(本社:東京都千代田区九段北/社長:石田 昌也) 「karrimor (カリマー)」は、新型コロナウイルスの感染拡大における新しい生活様式に合わせ、抗菌・抗ウイルス機能を施した商品を開発。
ポリジン株式会社(以下ポリジン社)が新たに発表した繊維への抗ウイルス加工技術「ViralOff(R) (以下バイラルオフ)」を採用したプロダクトを2021 年春夏シーズンより展開いたします。(T シャツ5 型・2021 年2 月~3 月に発売予定)



[画像1: https://prtimes.jp/i/61595/1/resize/d61595-1-163796-0.png ]

カリマーは、ポリジン社が掲げる環境配慮と安全面に考慮した企業理念に共感し、2019 年秋冬シーズンより可能な限りリサイクルされた再生銀より採取された抗菌防臭の機能を持った「ポリジン」加工を施したアパレルを発表してまいりました。
今後、カリマーでは、抗菌・抗ウイルス機能を採用した製品を拡充し、皆様に安心安全にご愛用いただける商品開発を目指してまいります。

ViralOff(R) (バイラルオフ)
バイラルオフは塩化銀を有効成分とし、繊維上の特定のウイルスの数を2時間以内で99%減少させ特定の細菌の増殖を抑制するため、身の回りの製品を清潔で安全に保ちます。当技術は多くの天然繊維、化学繊維などへの加工が可能で、その効果は日本国内の検査機関における抗ウイルス試験(ISO18184:2019)での効果が証明されております。また、バイラルオフはポリジン社が創業時より掲げているポリシーである「環境配慮」と「安全面」も考慮されています。


karrimor (カリマー)
カリマーの歴史は、1946 年にイギリスの北西部の街・ランカシャーでサイクルバッグメーカーとして創業したことに遡ります。タフで機能的な製品に対する評判は、ほどなくして登山家にも届くこととなり、クライマー向けのリュックサックを手がけるようになりました。
ブランドの語源は「carry more=もっと運べる」。対象となるフィールドで求められる装備一式を過不足なく運ぶことのできる堅牢性や優れた背負い心地、かつクライミングに対応する機能を盛り込んだカリマーのリュックサックは、クライマー自身の能力はもちろん、新たに対象となるフィールドの可能性を広げました。
そして今もなお、新たなフィールドへの挑戦をつづけています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/61595/1/resize/d61595-1-902925-1.jpg ]

[クレジット表記]
欧文 : karrimor/和文:カリマー

[読者様 問い合わせ先]
欧文 : karrimor▲international
和文:カリマーインターナショナル TEL:03-3221-6883
〒102-0073 東京都千代田区九段北 1-14-17 AMINAKA 九段ビル 6F

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング