KrakenグループのPayward Asia株式会社、日本での入出金と取引の開始のお知らせ

PR TIMES / 2020年10月22日 11時15分

2020年10月22日
Payward Asia株式会社

KrakenグループのPayward Asia株式会社、日本での入出金と取引の開始のお知らせ

世界的に最もセキュリティが高いとの評価を継続的に受け、かつ、ヨーロッパでは最大の暗号資産(仮想通貨)取引所であるKraken(クラーケン)は、2020年10月22日付で、日本での入出金と取引サービスを開始したことをお知らせいたします。既に口座開設の手続きを終えたお客様は、Krakenの日本でのバンキングパートナーである住信SBIネット銀行を通じた日本円の入出金サービスをご利用いただけます。また、取引については、ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)の主要5資産を対象としたスポット取引(暗号資産と暗号資産の取引ペアおよび法定通貨(日本円)と暗号資産の取引ペア)が、今すぐご利用いただけます。

日本での入出金と取引の開始にあたって、Krakenの最高執行責任者(Chief Operating Officer)のデビッド・リプリー(David Ripley)は次のように語っています。「私どもの他に例を見ない顧客サービスと最も安全な取引を日本の市場参加者の皆様に再び提供できることを大変嬉しく思います。昨今の複雑な市場環境下において、より多くの市場参加者が市場リスクのヘッジや資産価値の保全のために暗号資産(仮想通貨)を用いるようになっています。」

日本において暗号資産(仮想通貨)に対する関心が再び高まっていることについて、Krakenの日本法人の代表である千野剛司は次のように述べております。「暗号資産は、激変する環境下においてある種の持久力があること、そして、継続的に進化する資産であることを証明してきました。既に取引に参加している投資家は、単に暗号資産の価格変動だけを見ているわけではなく、安全なステーキングサービスやDeFi(分散型金融)関連の技術革新を含めた新たな投資機会に着目しています。一般的に日本の市場参加者は、金利や配当等の収入を好む傾向があるので、私どもの新たな顧客層により多くの投資機会を提供したいと考えております。」

Krakenは、買収を伴わずに自律的に日本に参入した最初のグローバルプレイヤーです。Krakenの持つ、日本当局との協力関係、国内市場に対する深い理解、バンキングパートナーとの綿密な連携によって、日本の暗号資産(仮想通貨)市場でのサービス再開を進めてまいりました。

上記の点につき、日証金信託銀行株式会社 取締役社長 織立敏博様は次のように語っておられます。「この度、Kraken様の日本でのビジネス再開にあたって、Kraken様がお客さまからお預かりした金銭を法令に基づき安全に管理する信託契約の受託先として、当社をお選びいただいたことを喜ばしく思います。Kraken様の日本でのビジネスパートナーとして、一緒に暗号資産業界全体の更なる発展のお手伝いをしていきたいと思います。」

日本は、推定200万超の稼働口座が存在する世界で最も大きい暗号資産(仮想通貨)市場の一つですが、さらに大きな成長可能性を有する市場でもあります。日本市場の持つ潜在能力を解き放つためには、上場している各資産の本質的価値とミッションを個人投資家の皆様にご理解いただくことが重要と考えており、この点、Krakenは、他のどの取引所よりも正確かつわかりやすくお伝えすることをお約束いたします。これは、Krakenがミッションとして掲げる、暗号資産(仮想通貨)の受入れの拡大、に資するものでもあります。

Krakenは、2020年9月8日付で、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録を完了しております。また、今後速やかに日本において取引可能な資産の拡大を行う予定としております。口座開設のお申込み及び最新のニュースについては、 www.kraken.com/sign-up と https://blog.kraken.com/japan/ をご確認ください。

<日本でサポートする暗号資産>
ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)およびライトコイン(LTC)の主要5資産を対象としたスポット取引(暗号資産と暗号資産の取引ペアおよび法定通貨(日本円)と暗号資産の取引ペア)がご利用いただけます。Krakenがグローバルで提供している他の暗号資産については、なるべく早期に追加できるよう対応を行ってまいります。
詳しくはこちらをご参照ください: https://blog.kraken.com/japan/

<Payward Japan株式会社を通じたKrakenサービス(廃止済)をご利用されていた場合の留意事項>


日本にお住まいのお客様は、今後のKrakenサービスのご利用にあたって、日本の暗号資産交換業者である当社(Payward Asia株式会社)に口座開設を行なっていただく必要がございます。
2018年7月以前に、Payward Japan株式会社を通じてKrakenサービスをご利用いただいていたお客様につきましても、大変ご不便をおかけいたしますが、新たに口座開設手続きが必要となります(別個のサービスとなりますので、口座移管機能などの提供は予定しておりません)。


■暗号資産交換業者登録内容
登録番号:関東財務局長 第00022号
登録年月日:2020年9月8日
暗号資産交換業者名:Payward Asia株式会社
本社所在地:東京都千代田区二番町9−3
取り扱う暗号資産:ビットコイン(XBT)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)

■会社概要
名称:Payward Asia株式会社
所在地:東京都千代田区二番町9−3
代表者:代表取締役社長 千野剛司
設立年月日:2018年9月13日
資本金:7億3891万7909円(資本準備金を含む。)
URL: http://blog.kraken.com/japan 

■Kraken(クラーケン)について
Krakenは、米国サンフランシスコに本拠地のある、ユーロ建ての取引高と流動性が世界最大のデジタル資産取引所です。Krakenは、44のデジタル資産と7つの法定通貨(ユーロ、米ドル、カナダドル、ポンド、日本円、スイスフラン、オーストラリアドル)の取引を顧客に提供しております。
2011年に設立されたKrakenは、ブルームバーグ社の端末にマーケットデータを提供した最初の取引所であり、預り資産に対する暗号技術を用いた検証方法による監査を最初に実施した取引所です。また、ビットコインを対象とした信用取引(レバレッジ取引)を提供した最初の取引所の一つでもあります。Krakenは、世界中の400万人を超えるトレーダー、機関投資家および規制当局から信頼されています。
Krakenに関してさらに詳しくお知りになりたい場合は、www.kraken.comをご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
広報窓口:中川、西川
メールアドレス:japanpress@kraken.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング