世界唯一!の「麻婆豆腐発祥の店・陳麻婆豆腐」が本場四川料理を普及する「正宗プロジェクト」が始動!第1弾「正宗担担麺」を9月1日より開催!

PR TIMES / 2020年8月27日 10時45分

四川省成都市に本店をもつ陳麻婆豆腐が本場の四川料理を提供するキャンペーンを開始!

「麻婆豆腐発祥の店」陳麻婆豆腐などを展開している外食企業・株式会社ケンコーホールディングス(本社:神奈川県横浜市中区、代表取締役:藤井 健)は、本場四川省の四川料理を楽しんでもらうことをテーマとした「老舗の復活!正宗プロジェクト」の第1弾として「正宗担担麺キャンペーン」を9月1日(火)から10月31日(土)まで提供を開始いたします。同時に公式Twitterから応募できる正宗担担麺お食事券プレゼント企画も開催いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/64307/1/resize/d64307-1-863747-0.jpg ]


■正宗(まさむね)担担麺とは
担担麺のルールは、1841年に四川省成都の路上で「担担麺!」といいながら、天秤棒を担ぎ麺を売り始めたのが始まりです。本場四川省の担担麺は汁なしで、小さいなお椀で麺と醤(ジャン)、牛ひき肉などをよく混ぜ、ささっと食べる庶民のソウルフード的な屋台料理です。私たちは、昔からある伝統的な食べ方、味つけで「本場」の四川担麺を楽しんでもらいたいという思いから、「正宗担担麺」と名付けました。※正宗=本場という意味。

日本でポピュラーな汁あり担担麺は、日本に四川料理を普及した陳建民氏によって辛い料理が食べられない日本人に向けて考案した料理です。

■期間限定!正宗担担麺キャンペーン

[画像2: https://prtimes.jp/i/64307/1/resize/d64307-1-933417-1.jpg ]

正宗担担麺は、中華生麺の上に刻み唐辛子、ニンニク、花山椒、ラー油などを合わせた伝統ある秘伝の醤(ジャン)、四川野菜の芽菜と一緒に炒めた牛ひき肉、ネギ、ラー油などをかけた伝統的なレシピです。痺れる辛さの中に醤(ジャン)のコクと旨味を感じるシンプルなのに奥深い味付けです。今まで食べていた担々麺とは一味違う美味しさです。


提供期間:2020年9月1日(火)~10月31日(土)
提供価格:450円(税抜)
提供店舗:陳麻婆豆腐 横浜市役所ラクシスフロント店、名古屋三越ラシック店(2店舗)


■正宗担担麺の食べ方

[画像3: https://prtimes.jp/i/64307/1/resize/d64307-1-533688-2.jpg ]

正宗担担麺は汁なしのため、放置すると麺どうし固まります。そのため、素早く食べる必要があります。今回の遊び心として3分砂計測で切る砂時計を用意しました。


砂時計を逆さにしてスタート!(3分計測開始!)
固まらないうちに麺とタレ、具材をよくかき混ぜる。
とにかく伸びないうちに食べる!食べる!


■正宗担担麺お食事券プレゼント企画
陳麻婆豆腐横浜市役所ラクシスフロント店と名古屋三越ラシック店で使える「正宗担担麺お食事券」を20名の方にプレゼント企画。陳麻婆豆腐公式Twitterのフォローをし、正宗担担麺無料券プレゼント企画キャンペーンの投稿記事をリツイートすることで応募ができます。

応募期間:9月1日(火)~ 9月10日(木)
公式Twitter: https://twitter.com/chenmapo_doufu
プレゼント:正宗担担麺お食事券
当選者:20名 ※当選発表はTwitterのダイレクトメッセージにてご連絡を差し上げます。


■老舗復活!正宗プロジェクトとは
近年、スパイス需要が増える中「シビ辛ブーム」が到来し、「マー活」、「しび活」という言葉がある様に花椒(ホアジャオ)を使用した「麻辣味」が定着しました。2018年にはぐるなび今年の一皿の準グランプリに「しびれ料理」が選出、花椒の市場売上も1億円以上と4年前と比較して2倍以上に伸びています。また四川料理専門の食フェス「四川フェス」は2019年は10万人規模の動員模となるほど四川料理の人気は高まりつつあります。四川料理の定番である、四川風の麻婆豆腐についても、中華に限らず様々な飲食店が提供を始めるようになりました。

「老舗復活!正宗プロジェクト」とは、人気の高まっている四川料理の中でも代表的なメニューを「麻婆豆腐発祥のお店である陳麻婆豆腐が本場四川の味を復活させ、様々なお客様に本当の四川料理を楽しんでもらうこと。」をテーマに、陳麻婆豆腐と本場四川料理の普及活動をしていく目的で2020年2月よりプロジェクトを開始いたしました。※「正宗(zheng zong)=本場」という意味。

■陳麻婆豆腐とは
中国政府から認められた本格四川料理の老舗であり、「麻婆豆腐発祥のお店」です。
150年以上前の1862年、四川省成都市で「陳麻婆豆腐」というお店が生まれました。日本では、陳麻婆豆腐の味に惚れ込んだ先代が何度も成都市の陳麻婆豆腐本店まで出向き、2000年になって世界で唯一その看板で営業を許されたのがブランド「陳麻婆豆腐」です。


■店舗情報
店名:陳麻婆豆腐 横浜市役所ラクシスフロント店
住所:〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町6-50-10 横浜市市庁舎商業施設 2F
電話番号:045-228-9771
営業時間:11:00~23:00(LO.22:00)

店名:陳麻婆豆腐 名古屋三越ラシック店
住所:〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-6-1 名古屋三越ラシック館 8F
電話番号:052-259-6751
営業時間:11:00~23:00(LO.22:00)
会社案内: http://www.kenkojp.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング