粉骨・散骨サービスランキング3冠獲得の「おもいやり散骨」“Vシネマの帝王” 小沢仁志さんを起用した新WEBCMを10月1日より公開!

PR TIMES / 2020年10月1日 11時15分

~海へとご遺族の大切なご遺骨を散骨する海洋散骨事業「おもいやり散骨」を本格開始~

 海洋散骨事業を行う株式会社クレディア(代表取締役社長:猪俣)は、「おもいやり散骨」という散骨事業に対しての理解をより深めていただけるよう、新WEBCM(30秒・メイキング動画)を、2020年10月1日(木)からWEBページ( https://www.omoiyari-s.com/special_talk/)に公開します。新WEBCMに出演するイメージキャラクターには、“Vシネマの帝王”として知られる小沢仁志さんを起用しました。



[動画: https://www.youtube.com/watch?v=RFDiwVpgoco ]



この度、散骨事業による理解を深め、お葬式の選択肢の一つとしてより多くのお客様に知っていただく機会を設けるために新WEBCMを10月1日から公開致します。CMに出演するのは”Vシネマの帝王“として知られる小沢仁志さんです。

葬送方法として火葬をしてご遺骨をお墓に納めるのが一般的でしたが、少子化や核家族化など経済社会の変化により、永代供養墓や納骨堂など数多くの葬送方法が認知されるようになってきました。

その中でも特に注目を集めうるようになってきているのが、粉状にしたご遺骨を海や山などに撒く葬送方法の「散骨」です。お金をかけてお墓を作ったとしても子どもや親戚がおらずお墓参りをする人がいない、あるいは経済的にもお墓を作ることが困難など様々な理由や社会的変化から散骨という選択肢を選ぶ方が増えてきています。

「おもいやり散骨」ではご遺族様の葬儀にまつわるご負担を抑え新たなスタートとなる葬送を目指し、故人様やペットのご遺骨を扱わせて頂いております。 散骨粉骨からお墓じまいまで、葬儀関連会社で10年のキャリアを持つスタッフが、ご遺族様のお気持ちに限りなく寄り添えるよう思いやりを持って努めて参ります。 ご連絡頂いてからご遺骨を散骨させて頂くまで責任を持って対応させて頂きます。

これまでとは違う新しい送り方、「海洋散骨」で故人様をお送りする一助となるよう努めさせていただきます。

おもいやり散骨新WEB CM 概要


[画像: https://prtimes.jp/i/64668/1/resize/d64668-1-900419-1.jpg ]

タイトル: 『小沢仁志×おもいやり散骨|WebCM』
オンエア開始日: 2020年10月1日(木)
公開HP: https://www.omoiyari-s.com/special_talk/

●動画URL(30秒・メイキング)
『小沢仁志×おもいやり散骨|WebCM』 30秒
https://youtu.be/RFDiwVpgoco

『小沢仁志×おもいやり散骨|メイキング動画』
https://youtu.be/_Gk7RbduEXU

●動画内容
WebCMは愛するペットの成長を人生になぞらえて、共に過ごした日々を表現しました。
長年連れ添ったペットの最期の時まで愛情を注ぐ小沢仁志さんの姿にぜひ注目してご覧ください。


おもいやり散骨 事業概要

1.安心感
「おもいやり散骨」ではご遺族様からお預かりさせて頂くご遺骨はお受け取りから、ご希望のご遺族様には有料で粉骨(砕いてる最中の映像は希望されたご遺族様のみ)、散骨時も全て録画させて頂き、ご遺族様にお返しさせて頂いてます。

2.エコ
粉骨後、紫外線除菌をしてから散骨をいたします。散骨後に海を汚さぬように、水に溶けない物は撒きません。お骨を散骨する際も、水溶紙を使用しています。

3.ご遺族の希望を第一に
粉骨作業の際、ご希望であればご遺族様の立ち合い、ご自分で粉骨したいとお考えのご遺族様は、お問い合わせ下さい。無料にてご案内させて頂きます。(要予約、1回の人数には制限があります。)

4.対話できる業者
ご遺族様との対話を、一番大切に考えて対応させて頂いております。予定が変わってしまう時は直ちにご連絡させて頂き、ご遺族様の判断を伺うように努めております。また、天候、海の状況により出航不能になった際にもご連絡させて頂いております。

【会社概要】
■会社名  :株式会社クレディア
■本社   :〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-30 新宿第五葉山ビル4F
■役員   :代表取締役社長 猪俣
■電話   :03-6868-4309(散骨に関するお問い合わせ)
■公式サイト: https://www.omoiyari-s.com/
■主要業務 :
・船を使用した散骨セレモニー
・終活支援、相談業務
・仏壇・仏具・墓石の撤去処分、解体
・ライフエンディングに関する各種イベントの企画運営

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング