【第二回紅葉見頃予想】東・西日本の見頃時期は平年並の予想 鮮やかな紅葉に期待!

PR TIMES / 2020年10月14日 18時15分

~高尾山(東京)は11月18日頃から 嵐山(京都)は11月20日頃から見頃に~

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、秋の紅葉シーズンを楽しんでいただけるよう、「第二回紅葉見頃予想」を発表しました。



 今シーズン、北・東日本の標高が高い山では、平年並~やや遅い見頃を迎えています。今後10月下旬にかけては、平均気温が平年よりも高い傾向にあり、北日本や東日本と西日本の山の一部で平年よりも見頃がやや遅れる可能性があるものの、周期的に晴れて朝晩の放射冷却が見込めることや、11月以降の気温は概ね平年並となることから、東日本、西日本の多くの地点では平年並の時期に見頃を迎える予想です。適度な日照と雨、気温低下が見込めることから、全国的に鮮やかな紅葉が期待できそうです。
 スマートフォンアプリ「ウェザーニュース」では、全国の約700名所の見頃予想日やスポット情報を公開しています。なお、「第三回紅葉見頃予想」は11月上旬の発表を予定しています。

▼「紅葉見頃予想2020」はこちら
「ウェザーニュース」アプリ『紅葉Ch.』
または
ウェザーニュースウェブサイト『紅葉Ch.』
https://weathernews.jp/s/koyo/

◆2020年「第二回紅葉見頃予想」
<見頃時期:北日本は本格的な紅葉シーズンへ!東・西日本の見頃時期は平年並の予想>

[画像1: https://prtimes.jp/i/66120/1/resize/d66120-1-658656-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/66120/1/resize/d66120-1-405791-1.jpg ]

 葉が色付く時期は秋の気温と深く関係しており、気温が低いと色付く時期が早くなり、高いと遅くなります。この秋は9月中旬までは平年より気温が高かったものの、その後は寒気の影響を受け、北・東日本の標高が高い山では、現在、平年並~やや遅い見頃を迎えています。
 今後10月下旬にかけては、平均気温が平年よりも高い傾向にあり、北日本や東日本と西日本の山の一部では平年よりも見頃がやや遅れる可能性があるものの、周期的に晴れて朝晩の放射冷却が見込めることや、11月以降の気温は概ね平年並となることから、東日本、西日本の多くの地点では平年並の時期に見頃を迎える予想です。

<鮮やかさ:十分な日照と適度な雨で鮮やかな紅葉に期待!>
 葉が鮮やかに色付くためには、秋に適度な日差しと雨があり、気温がしっかりと下がることが必要です。今後は全国的に天気が周期変化し、葉が鮮やかに色付くために必要な十分な日照や雨、朝晩の冷え込みが見込めます。このため、全国的に鮮やかな色付きが期待できそうです。
 ただ、北日本や北陸では11月前半に低気圧の影響を受ける恐れがあります。荒天の具合によっては紅葉の見栄えに影響する可能性もあるため、葉の痛み具合に注目です。

◆北・東日本の山は紅葉シーズン!各地で続々と見頃に

[画像3: https://prtimes.jp/i/66120/1/resize/d66120-1-799366-2.jpg ]

 今シーズン、北・東日本の標高が高い山では、現在、平年並~やや遅い見頃を迎えています。
 前回(9月16日)の予想では、9月は全国的に残暑が続き、東北から東日本、四国の標高が高い山や北海道で、見頃は平年よりやや遅くなる見込みでした。しかし、9月末に寒冷渦が接近、通過したことで北日本や北陸には寒気が流れ込み、この影響で栗駒山(宮城)や室堂平(富山)では平年並の9月末~10月頭に見頃を迎えています。また、西日本も10月に入ると高気圧圏内となり晴れて放射冷却が効いたことで、石鎚山(愛媛)など標高が高い山では一気に色付きが進み、平年より4日早い見頃となりました。
 週末にかけては北日本に寒気が流れ込み、既に色付きが進んでいる大沼公園(北海道)や田沢湖高原(秋田)でも平年並の見頃を迎える予想です。

※エリア別の紅葉見頃予想と都道府県別の紅葉名所情報(10/14現在)は、当社のウェブ版プレスリリースからご確認いただけます。
▼ウェブ版プレスリリース
https://jp.weathernews.com/news/32860/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング