新規就農から離農までを網羅する新メディア誕生! 「農業とつながるメディア UMM」を正式リリース

PR TIMES / 2020年10月1日 15時0分

2020 年 10 月 1 日、株式会社 UMM(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林泰士、以下 UMM)は、農業 に特化した「農業とつながるメディア UMM」を正式リリースいたしました。




[画像: https://prtimes.jp/i/66465/1/resize/d66465-1-829598-0.png ]

UMM は、全国の農機具店累計約 700 事業者と約 5,000 人の農家会員数を有する国内最大級のプラットフォー ム「中古農機市場 UMM」を運営しています。 当社では、中古農機市場の活性化・利用促進、及び顧客の利便性向上に貢献するサービスを提供しています が、予てより、農業に関連する有益な情報量の不足を課題と感じておりました。

この課題解決のため、当社では、8 月より農業に特化した専門メディアの試験運用を開始。
これまで月平均 1,250 万 PV を誇る複数のインターネットメディア運営をしてきた親会社、マーケットエンタープライズのメディア・プラットフォーム事業本部と連携し、体制を整えて参りました。

農家が最盛期を迎える 10 月、農業に特化した「農業とつながるメディア UMM」( https://ummkt.com/blog)を正 式リリース。一般公開を開始いたします。 昨今では、従事者の高齢化などを理由に、農業人口減少は悪化の一途を辿っています。 一方、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により働き方や居住地が見直され、地方移住による新規就農への 注目は高まっています。
しかし、営農に必要な情報が充足しておらず、想定していた農業とのギャップや、経営の課題が生じ、就農してすぐに離農する人も少なくありません。
経営課題の中でも深刻なのが、圧迫するコスト。全国農業会議所(全国新規就農相談センター)が実施した「新規参入者の経営資源の確保に関する調査結果」(2019 年 3 月)によると、就農から 10 年以内の新規就農者が最も必要としている資金として、46.4%が、「設備投資(農業施設・農具等の取得や規模拡大)に関する費用」と回答。農機具の購入費用などが、経営を逼迫させていることがわかります。

「農業とつながるメディア UMM」は、新規就農を考えている方はもちろん、離農検討者や、天災で苦しむ農家な ど、あらゆる環境にいる人たちへ有益な情報を届け、様々な選択肢を提供していきたいと考えております。マーケットエンタープライズグループでは、当メディアの立ち上げにより、農業の更なる活性化や促進を図りながら、持続可能な社会形成を目指して参ります。

■株式会社 UMM
Used Machine Market を意味する UMM は、ネット型リユースを中心に事業を展開する株式会社マーケットエンタ ープライズのグループ企業で、インターネット上での農機売買プラットフォーム『UMM』の運営を行なっています。 海外販売実績 80 ヵ国を誇る国内最大級の中古農機具貿易商社「ME トレーディング」とともにグループ企業の中 古農機事業を担っています。
中古農機市場 UMM: https://ummkt.com/

■株式会社マーケットエンタープライズ概要 マーケットエンタープライズは、ネット型リユース事業を中心に、メディア事業、モバイル通信事業などを展開し て います。「持続可能な社会を目指す最適化商社」をビジョンに掲げ、 2006 年の設立以来、成長を続けて います。2015 年 6 月には東証マザーズに上場、ネット型リユース事業のサービス利用者は延べ 400 万人を 達成しました。
ウェブサイト: https://www.marketenterprise.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング