プロジェクト・アニメ初のバーチャルイベント開催!

PR TIMES / 2020年11月7日 13時15分

海外におけるアニメビジネスとそのイベントの有効的な展開方を学べるカンファレンス

SPJA (THE SOCIETY FOR THE PROMOTION OF JAPANESE ANIMATION) はこの度プロジェクト・アニメにおいて初のオンラインイベント、プロジェクト・アニメ・グローバル2020を開催致します。



[画像: https://prtimes.jp/i/69255/1/resize/d69255-1-785829-0.png ]



新型コロナウイルスの影響を受けイベント業界全体に負荷がかかっている中で、この状況を打破するためにオンラインへの移行が一つのキーとなっています。今回のテーマ「イベント業界の進化」では昨今の目まぐるしい状況下においてアニメ・漫画業界やそのイベント開催の形態がどうあるべきか、如何に適応し進化してゆくかを最先端のオンライン技術を駆使ししながらライブでお届けします。
西海岸時間での開催ということもあり、本イベントはオンデマンドでの後日視聴も可能となっております。

【ハイライト1.】
オンライン初の企画の一つに「ハッピーアワー」を取り入れています。人脈を構築するためのネットワーキングですが、他の参加者様と気軽にオンラインでコミュニケーションをお取りいただけます。お好きなお飲み物や軽食をご用意の上是非ご参加ください。(開催日時:2020年11月17日18時~)
どうしてもお時間の都合がつかず「ハッピーアワー」にご参加いただけなくても「ネットワーキングロビー」では9時から18時まで他の参加者様といつでもご交流いただけます。
更にイベント開始前から参加者様を一覧いただける「参加者リスト」を準備しております。

【ハイライト2.】
プロジェクト・アニメ・グローバル2020は20以上のパネルやネットワーキングを企画しています。NDP Entertainmentがお届けする「Unpacking the Fan Machine with Kristen Mclean」はコロナ禍以前、以後の漫画の消費のされ方、ビデオストリーミングから入ってくる新しいファンの全体像など、最新の漫画、アニメファンの解説をデータと共に紹介します。
Interpretが展開する「Anime & E-sports Research Presentations」などのパネルはゲーマーやE-sportsの仕組み、アニメファンとどうオーバーラップするかなどわかりやすくグラフや図などを用いたデータ・プレゼンテーションを行う予定で、パネル後データをダウンロードする事も出来ます。

【ハイライト3.】
キーノートスピーカーとしてThe Kliman Groupの創設者兼社長のデビット・クライマンが登壇します。2020年3月、現状に対する早急なガイダンスの必要性を訴え対応するためにEvents Industry Council APEX COVID Business Recovery Task Forceを設立。イベント業界をいかに再開し、適応しつつ業界安定のための進化をしてゆく方法を確立させようとしています。今回の講演では、クライマンが変化してゆくイベント業界や現存する課題の中でどう新しいチャンスを生み出すか、EICタスクフォースをグローバルに活用するためのリソースを収集し作成する方法、および将来のイベントの在り方について説明します。


【開催日時】
2020年11月17日~18日 午前10時~17時 (西海岸時間)
ハッピーアワー: 2020年11月17日 18時開始 (西海岸時間)


全体のプログラムスケジュールとゲストスピーカーのリストなどの詳細はプロジェクト・アニメ公式サイト
にて随時更新中です。
プロジェクト・アニメ公式サイト: https://project-anime.org.

ご登録はこちらから:
https://project-anime.org/2020/10/22/project-anime-global-2020-registration-open/

*******************************************
SPJAについて
1992年設立。NPO法人として日本のアニメやポップカルチャーを情報を発信し、様々なイベントやプログラムを通して業界とファンの間の認識を促進していくことに取り組んでいる。
詳細はこちらから www.spja.org.

プロジェクト・アニメについて
2012年にロサンゼルスにて発足し、今では世界中で活動を続けているポップカルチャービジネス及びイベント業界向けのカンファレンス[AM1] イベント。業界内でのコミュニケーション促進やビジョンの共有、展開法のサポートやノウハウを教授することを目標としている。
詳細はこちらから www.project-anime.org/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング