「逗子でリモートワーク&海街暮らし」をスタートしてみませんか。逗子市小坪の一軒家風賃貸 <Vista e Cagnolino(ビスタ エ カニョリーノ)>公開!

PR TIMES / 2021年1月15日 19時15分

リモートワーク化が進む中「都心に近く自然と暮らせるまち」として人気の湘南 逗子の魅力的な賃貸物件をご紹介。古都鎌倉や葉山も生活圏内。マリンスポーツやペットとの素敵なライフスタイルが待っています。

人気の湘南の海街、葉山・逗子エリアでコンセプチュアルな賃貸住宅の企画・提供・運営を行っているワイケーライフマーケティングが、逗子市小坪に「Vista e Cagnolino(ビスタ エ カニョリーノ)逗子小坪」(1階 / 2階 計2世帯)の賃貸を開始しました。
昨今のコロナウィルスの影響で、住空間の充実をもとめて都内から郊外に移住する方向けに自然環境、眺望を含めた暮らし方を味わえる物件として企画したものです。
物件は、逗子や鎌倉へのアクセスが良好で、周辺には多数のアクティビティやグルメスポットがある場所に立地しています。
ファミリーも居住いただけるゆったりとした床面積があり、お庭や、駐車場もついている賃貸物件です。築20年の物件を自社企画でリニューアルすることにより、上質な室内グレードでありながら、都内のシングル用(1LDKなど)並の家賃を実現しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-423118-3.jpg ]

神奈川県逗子市は三浦半島の付け根に位置し、横浜まで30分、東京、渋谷まで60分とアクセスが良く、近年はリモートワークの浸透、働き方のワーケーション化により、憧れの「海街暮らし」を実現できる場所として、ますます注目されています。
逗子マリーナをはじめ、古都鎌倉、江ノ島も近く、人気の観光スポットやおいしいお店もたくさん!
海沿いをペットとお散歩したり、毎日のジョギング、マリンスポーツ、海に沈む夕日を見ながらバルコニーで一杯・・。 そんな「海街暮らし」を始めてみませんか。


[画像2: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-899047-4.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-136828-9.jpg ]



              
■憧れの海街、逗子市小坪はこんなところ ↓
http://hayama-zushi.style/release2020-12-24/ 

[画像4: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-261565-2.jpg ]

   

■海街暮らしのライフスタイルは? ↓
http://hayama-zushi.style/vec-lifestyle/


[画像5: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-656488-6.jpg ]


■海街暮らしを始めると、こんなオフタイムが過ごせます
 →  http://hayama-zushi.style/vec-lifestyle_2/


[画像6: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-276876-8.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-898799-10.jpg ]



     

■逗子でリモートワーク&海街暮らしを始めてみませんか。
Vista e Cagnolino(ビスタ エ カニョリーノ)のご紹介
→  http://hayama-zushi.style/release2020-12-24/
[画像8: https://prtimes.jp/i/72453/1/resize/d72453-1-169061-7.jpg ]



海沿いエリアへの引っ越しやセカンドルームを考えている方、海街暮らしに興味のある方は是非ご一読ください。


■葉山 逗子スタイル■

 海辺の街で暮らそう!
  http://hayama-zushi.style/
  https://www.facebook.com/zushi.style/


【ワイケーライフマーケティング・上坂雄一】
当社は、葉山逗子で幼少時代から過ごした私が、地元の良さを感じ、地元で暮らしていただける仲間が増えることを願って、葉山・逗子エリアでコンセプチュアルな賃貸住宅の企画・提供・運営を行っております。
運営物件は現在15棟。新築、築古リノベーションの集合住宅、戸建、シェアハウス、空家活用など各種の住空間を供給しています。
今後も地域の魅力を感じ、充実した暮らしを実現する住空間の創造を通して、末永く地域の発展に貢献するように事業推進を行って参ります。


■問い合わせ先
 合同会社ワイケーライフマーケティング
info@yk-rooms.com(広報担当)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング