1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

デザイナーとECサイトがコラボレーションできる新しいデザインプラットフォームの開発支援プロジェクトを2021年3月8日(月)より、クラウドファンディングサイトReadyforにてスタートしました。

PR TIMES / 2021年3月26日 8時45分

コロナ禍のデザイナーに新たな収入システムをつくりたい

OYC株式会社(東京都千代田区)は、コロナ禍で苦しむデザイナーやオリジナルギフト、印刷などの通販事業者に向けて、新たなプラットフォームサービスを提供するために、3月8日(月)から5月8日(日)23時までREADYFOR株式会社(代表取締役CEO:米良はるか https://readyfor.jp/)が運営する日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」にて寄附の募集を開始いたします。今回のシステム開発の一部となる目標金額350万円の寄附を募ります。



[画像: https://prtimes.jp/i/74467/1/resize/d74467-1-103607-0.png ]

クラウドファンディングページ: https://readyfor.jp/projects/Sketch-market

▼コロナ禍で変わる業界で私たちにできること

このサービスは、デザイナーが質の良いデザインテンプレートをサイトに投稿し、そのテンプレートをもとに利用者がWEB上で自由にデザインを行うことが可能になります。さらに、ギフトや印刷商品を販売するEC事業者が、自由に自社サイトに連携できるため、高額なシステム開発を行わずにデザインシミュレータ機能を利用することができます。

【デザイナーの方へ】 Sketchmarketに登録したスケッチが使用されるごとにスケッチ利用料が発生し、受託制作以外での収益を得ることができます。

【ECショップの方へ】
ECショップ内に組み込むと高額な開発コストが発生してしまうデザインシュミレータ機能を低コストで実現できるようになります。さらにデータを作成する必要がなくなる為、効率的に商品が作成できるようになります。

【デザインの発注者(利用者)の方へ】
 今まで作りたい商品やビジネスの販売促進の為の
デザイン作成において、1から10までデザイナーにお願いしていた作業を、Sketchmarketでは、あらかじめ登録されたスケッチ(デザインテンプレート)から選び、自分で編集できる事によって、効率的かつスピーディーに自分の理想のデザインを作ることが可能になります。

※ぜひ、動画をご覧ください。

[動画: https://www.youtube.com/watch?v=JMkFy9Q9b9o ]



◆クラウドファンディング概要
タイトル:『コロナ禍のデザイナーに新たな収入システムをつくりたい』
ページURL: https://readyfor.jp/projects/Sketch-market
目標金額:350万円 ※目標金額に達しない場合、全額返金となるAll or Nothing形式です

公開期間:2021年3月8日~5月8日23時
資金使途:Sketch-marketの開発費用として目標金額350万円(開発全体費用の一部、クラウドファンディング手数料を含む)
プロジェクト概要:コロナ禍に苦戦しているデザイナー、EC事業者がオリジナルギフトや印刷商品の販売を通じて、利用者により良いサービスを提供することによって、デザイナーは、自身のポートフォリオが自動的に収益を生み出し、EC事業者は、質の高いデザインを自社店舗の商品デザインとして利用し、利用者に買いやすさとDTPの効率化による収益性の改善を実現する。そして利用者は、印刷通販などの個人利用に障害となっていた入稿データ(印刷データ)の作成が本サービスで利用できるようになるうえ、購入先の選択肢を広げることを可能とする。

■クラウドファンディングでご用意しているリターン


デザイナーコース(500円):デザイナーの方が本サービスに気軽に参加いただけるよう、支援いたします。
応援コース(3,000円):当社の通販サイトで自由に名刺をデザインし、購入できるクーポンをお送りします。
簡単オリジナルギフトショップの作り方コース(5,000円):ECを運営の方々、これからオリジナル商品のショップを作成されるかたへ、BASEへの登録方法や、本サービスとの連携方法などをウェビナー形式でお伝えします。
開発コミュニティ コース(10,000円):開発についてのご意見やご要望など、コミュニティを通じて、サービス開発に参加いただけます。
ECスポンサー コース(100,000円):既存のEC店舗をお持ちの方、ECサイトを構築する計画のある方に、本サービスとの連携方法や設定方法を個別にお手伝いします。(オリジナルデザインテンプレートの作成やシステムのカスタマイズを除く)


詳しくは、クラウドファンディングのページをご確認ください。
https://readyfor.jp/projects/Sketch-market

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング