1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

104言語に対応したAI文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」、ユーザー体験の改善を目指し、新バージョンを本日リリース。アプリ版とWEB版が新しくなった!

PR TIMES / 2021年7月20日 12時20分

文字起こしサービス「Notta(ノッタ)」を提供するMIND CRUISER(代表取締役兼CEO: ライアン・チョウ、以下MIND CRUISER)は7月19日(月)に、「Notta」の新バージョンをリリースされました。




新しくなったNottaで記録をもっと楽しもう


[画像1: https://prtimes.jp/i/81176/1/resize/d81176-1-540453683e769c719720-6.png ]

今回実施したデザインリニューアルのはアプリ全体及びWEB版となります。アプリのアイコンやレイアウトなど全てのデザイン要素を見直し、文字起こしやデータの編集が一層使いやすくなります。
⬛ テキストをブロック化、操作がらくらく

[画像2: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=81176&t=animationGifImage&f=agd-81176-1-5.gif&img_id=1626164894029 ]

⬛ タグ付け機能、聞き直したいところがすぐ分かる

[画像3: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=81176&t=animationGifImage&f=agd-81176-1-4.gif&img_id=1626162108208 ]

会議や会話の中で、「ここがポイント!」という場面をタグ付けることが可能。タグ付け機能によって、重要なポイントの見直しが各段に楽になります。見直しが簡単にできることで議事録作成をより効率的にできます。


Nottaとは

「会議やインタビュー中、話の内容に集中したいのに、議事録や文字起こしばかり・・・」そんなモヤモヤを解消してくれるのが、自動文字起こしサービス「Notta」です。無駄な手間を省き、ストレスフリーへ導くことがNottaのミッションです。
日本語を始め、104言語に対応したNottaは日本で高い評価を得ており、特に音声認識がの性能は多くのユーザーから高精度というフィードバックが見られます。漢字変換能力も高く、後々のマニュアル編集の必要性が少ないことも、魅力のポイントの一つと言えます。
[画像4: https://prtimes.jp/i/81176/1/resize/d81176-1-c555060b4951539d3ed0-2.png ]



Nottaの活用シーン

Nottaの活用シーンはさまざま。一番よく使われる場面は「会議」や「インタビュー」。業務効率向上のために使用するユーザーは最も多いです。一方で、「授業やセミナー」のメモ代わりに利用するユーザーも17%と多く、集中して講義内容に耳を傾けたい人にも使われている様子。
また、相手の会話内容をリアルタイムで文章認識できることから、聴覚障害のある方向けに「会話補助」として利用されることもあります。
他にも、医療現場(カルテ記録)で活用されるなど、工夫によって使用用途はさまざまな可能性があります。
[画像5: https://prtimes.jp/i/81176/1/resize/d81176-1-ecadd07f89aed7566567-4.png ]



Nottaでできること

Nottaの機能は、基本の文字起こし機能だけでなく、作業をより楽にする機能が豊富にあります。自分にあった使い方で、作業効率化の幅を広げることができます。
⬛ 高性能のAI文字認識

[画像6: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=81176&t=animationGifImage&f=agd-81176-1-2.gif&img_id=1626161946 ]

AIが読み取った音声を、リアルタイム&自動で文字起こししてくれます。AI機能で漢字の変換や句読点の追加で、精度は想像以上に高いです。
対象言語は104言語と非常に多く、例えば聞き逃しやすい英語の会議でも、会話内容をしっかり記録しておくことが可能です。その他、勉強中の他言語スピーチを音声記録し、後から文字としてゆっくり見直すことも可能です。
録音以外に、既存の音声ファイルを文字起こしすることも可能です。「リアルタイムで録音してなかった!」という時でも大丈夫です。過去に記録した音声ファイルを、文字にしてコンパクトなファイルサイズで保存しておきたい、という場合も便利です。
⬛ データ同期機能

[画像7: https://prtimes.jp/i/81176/1/resize/d81176-1-2ead2ae5cdedcbf6fd45-3.png ]

複数のデバイスでNottaを利用している場合、同じアカウントでログインすれば、データが自動同期されます。
例えばスマートフォンのアプリで音声記録と文字起こしをした場合、その後の編集作業はPC上のウェブ版で行うなど、その時々の状況や環境に合わせたサービスの利用が可能です。
また、「うっかりPCを忘れてしまった・・」ということがあっても、スマホで記録しておけばOK。後々ウェブで確認&編集することができます。
⬛ テキスト編集・共有機能

[画像8: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=81176&t=animationGifImage&f=agd-81176-1-3.gif&img_id=1626162045348 ]

読み取った音声から作成されたテキストを、マニュアルで編集することができます。不自然な箇所を分かりやすく言い換えたり、お好みの表現にしたり、細かな編集が後からできるので、安心。
画像挿入もありますので、会議や授業中に撮影した写真や、参考資料を挿入して、さらに視覚的に分かりやすい議事録やノートを作成することができます。
また、複数のデバイス間(PC・スマホなど)のデータ同期に加え、他人へのデータ共有も可能です。共有はとても簡単で、データ毎に付与されているリンクをコピーして、送付するのみです。
データを受け取った相手は閲覧・編集できます。情報共有も編集もとてもスムーズで作業効率化が一段階アップします。
⬛ テキスト翻訳機能
高精度の文字起こしによって議事録作成が各段に楽になりますが、その一歩先の「あったらいいな」にも答えるNottaは翻訳機能も搭載しており、音声データから作成したテキストを、そのまま多言語に翻訳することが可能です。対象言語は42言語ですので、きっとお探しの言語が見つかるはずです。例えば、翻訳機能で、海外オフィスとの素早い情報共有が可能になります。「海外オフィスには翻訳してから情報共有するから、いつも展開が遅くなるな・・」という悩みから解放されます。他にも、海外の友達やクライアントとのコミュニケーションなど、いろいろなシーンで活躍する機能です。

新しくなった「Notta」は、ユーザー体験を改善します。「Notta」を通じて音声を自動で「編集・検索・共有可能なテキスト」へ変換し、さらなる作業効率化へ導きます。今後も「Notta」はユーザーニーズに合わせたアップデートを行い、より一層のサービス向上を目指します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング