1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【新サービス:売却不動産の仲介手数料を一律18万円(198,000円)で対応します。】徹底的に業務の効率化を図り、顧客利益の最大化へ!

PR TIMES / 2021年7月1日 10時45分

【対応エリア:東京都八王子市・日野市・相模原市】ホームグッバイは売却不動産の仲介手数料を一律18万円(198,000円)で対応します!

株式会社GLOBALKOEI (本社:東京都八王子市、代表取締役:齋藤祥文)
少子高齢社会が進み空き家問題が騒がれる中、不動産会社は土地と建物を機械的に売るだけの時代は終わりを迎えようとしています。不動産業である私たちは、持続可能な街づくりに向けて、地域の未来像を描き、そこで暮らす人々のためにも地域の価値を高めていくことが使命だと考えています。
その中で中古不動産、遊休不動産の循環の活性化に向けて、2021年7月1日より新サービスを開始いたします
ホームグッバイWEBサイト▶ https://home-goodbye.com



[画像1: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-641246-19.png ]



時代が変わった―
昭和45年、国土交通省が宅建業法で不動産売買における、不動産仲介手数料(報酬額)の上限を定めました。
当時はインターネットもPCも携帯電話もなく、手書きで契約書を作成し、物件の調査も100%人力で行っていましたが、時代は移り変わり、不動産業者の仕事の仕方、効率も大きく変わりました。

そこで私たちはなぜ、一律18万円(税込み198,000円)としたのか、



[画像2: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-961544-23.png ]

仲介手数料の上限額→不動産価格×3%+6万+税

これは、宅建業法で定められた仲介手数料の上限算出方法です。
この上限算出額を上回って仲介手数料を受け取ってはいけないと定められています。

あくまでもこの上限算出は″超えてはいけない額″の定めです。


[画像3: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-648876-14.png ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-809114-24.png ]



売却対象の不動産価格に差はあっても、”一つの不動産”としての仲介の仕事に変わりありません。

売却仲介における私たちの仕事量は不動産価格に関わらず、[簡易査定、訪問査定、物件調査、媒介契約、販売活動、売買契約、残金決済]の仕事を責任をもって果たしています。
そして不動産価格に関わらず基本的にすべて同じ仕事、流れです。

※購入仲介は、売却仲介と比べて仕事量がとても多いです。
例えば、[ヒアリング、物件検索、物件紹介、ご案内]を何度も繰り返し、さらに[ローン打診、重説売契作成、ローン申し込み、各種清算書作成、金消契約]など売却仲介には無い仕事が多く、仲介手数料の報酬が高くないと成り立たちません。
[画像5: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-322593-16.png ]



[画像6: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-254828-25.png ]

国土交通省が平成30年に改正した、「低廉な空家等の売買取引における媒介報酬額の特例」として、
400万円以下の不動産売却仲介料の上限額が18万円+税と改正されました。
これは近年増加している空き家の流通対策のために改正されたものです。

私たちはこの不動産売却仲介手数料の下限額に合わせることにしました。

18万円だからといって、サービスの質が低いわけではなく、ただし、過剰なサービスも提供しません。
必要だと考えるサービスは、お客様ごとに別途オプションでご提案させていただきます。

私たちGLOBAL KOEIは、売主様にとって″Good″な売却となるよう、これからも日々サービス向上に努めます!!️

[画像7: https://prtimes.jp/i/82006/1/resize/d82006-1-215293-15.png ]

■お問い合わせフォーム
八王子市・日野市で「不動産売却」をお考えの方ぜひご相談ください。

https://home-goodbye.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング