1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

【ヒルトン広島】サミュエル・ピーター 新総支配人 就任のお知らせ

PR TIMES / 2021年10月6日 16時45分

ヒルトン広島(広島市中区)の総支配人に、2021月 9月6日付でサミュエル・ピーター(Samuel Peter)が就任したことをお知らせいたします。



ホスピタリティ業界において 15年以上の経験を有するピーターは、タイのリゾートホテルの料理飲料部でキャリアをスタートし、同国の複数の最高級クラスのラグジュアリーリゾートホテルに従事した後、2011年にヒルトン・ホアヒン・リゾート&スパに料理・飲料部マネジャーとして入社、翌年には運営マネジャーに昇進し、在籍期間中1年間は総支配人代行を務めました。その後、ヒルトン・シンガポールへ異動し、料理・飲料部マネジャー、運営担当副総支配人を経て、ホテル・マネジャーとして実績を積んだ後、2017年にヒルトン東京のホテル・マネジャーとして日本に着任しました。受賞歴のある6つのレストラン・バー、大規模なコンベンション/宴会施設、外部ケータリング・イベント/レクリエーション・エリアを擁する客室数830室のホテルにおいてオペレーションと財務の一切を統括しました。シンガポールおよび東京において、国際イベントで外部ケータリングの企画から運営までを統括し成功裏に導くなど、10年に渡り、ヒルトングループのホテルの業績の向上に大きく貢献した実績が認められ、中四国で初進出となるヒルトン広島の総支配人として、開業に向けて新たなチームを牽引していきます。

2022年の開業予定の「ヒルトン広島」は、世界遺産の原爆ドームや広島市中心部の繁華街から徒歩圏内に位置し、420室の客室、エグゼクティブラウンジ、4つの料飲施設、フィットネス、スパ、室内プール、チャペルに加え、国際会議の開催が可能な約1,300平米の会議施設を備える予定です。

ヒルトン広島の総支配人就任にあたり、ピーターは次のように述べています。
「このたび、広島を訪れるお客様にヒルトンの卓越したおもてなしを届けるべく、ヒルトン広島の開業メンバーの一員として従事できることを大変光栄に思います。未曾有の事態に直面し、人々はいかに人とのつながりや思い出作りが大切であるかを実感したと思います。開業したのちには、心温まるサービスで国内外の旅行者が訪れるお客様をお迎えすることを心待ちにしております。また、広島の魅力を伝え、地元の経済活性化に貢献できると信じています。」

ヒルトンについて
ヒルトンは、世界119の国と地域に6,600軒以上(100万室以上)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年以上の歴史で30億人を超えるお客様をお迎えしました。「2020年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2020年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ( https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/)」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトン、LXRホテルズ&リゾーツの5ブランド・18軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億1800万人以上を有し、ヒルトンの公式予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、宿泊や体験などに交換できるポイントを獲得することができます。また、無料のヒルトン・オナーズ・アプリから客室の選択、デジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルではデジタル・キーは未導入)をご利用いただけます。
最新の情報はこちらをご覧ください。 http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング