1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

今、必要とされるサステナブルなモノ作り受注生産・メイドインジャパンの特注照明メーカーが展示会を開催

PR TIMES / 2023年11月16日 14時15分

1台からオーダー照明を担う特注照明エキスパート・長谷川雅紀(株式会社レガレリーア)の展示会が12月6日(水)から「TIERS GALLERY」(東京・表参道)で開催される



[画像1: https://prtimes.jp/i/130039/1/resize/d130039-1-c5fbed065b46cc7ca61a-12.jpg ]

特注照明エキスパート・長谷川雅紀が経営する株式会社レガレリーアによる特注照明の展示会が開催する。
昨年オープンしたホテル「五島リトリートray」で製作した照明が展示されるとともに、伝統工芸・SDGs素材を活かしたオリジナル照明や作家とのコラボレーション作品など12点ほど展示される。
会期中は、長谷川は常駐しているため、特注照明が出来るまでの裏話や特注照明製作の相談なども出来る。
会場|TIERS GALLERY(表参道)
会期|2023年12月6日(水)~12月11日(月)

デザイン×素材×技術が絡み形をつくる様を【縞(CROSS OVER)】と表現し、初の展示会を開催


日本国内には照明にまだまだ活かしきれていない伝統技術・最新技術・素材があり、デザインと職人の技が組み合わされることで何が出来るのか?
長谷川は、普段からデザイナーによる「こんな照明が作りたい」というイメージを様々な素材や技術を組み合わせることで実現している。
本展では、長谷川が出合った素材や技術を照明デザインに落とし込むことで、デザイナーのイメージを超える新たなデザインの可能性を知ることが出来る。

展示内容


□ホテル照明が形になるまで
(デザイン:橋本夕紀夫デザインスタジオ)
昨年オープンしたホテル「五島リトリートray」にて橋本夕紀夫デザインスタジオと手掛けた特注照明が、どの様に考え製作されたのか。
普段は表に出ないデザイン案資料から検討資料、モックアップ製作時の画像、現物を見せながら特注照明が出来るまでを、橋本夕紀夫デザインスタジオ協力のもと実現した。
[画像2: https://prtimes.jp/i/130039/1/resize/d130039-1-2f8331cc675ed93267f1-9.jpg ]


□伝統工芸×アーティスト
(有松鳴海絞り:株式会社スズサン/テキスタイルアーティスト:安達大悟)
伝統工芸「有松絞り」とテキスタイルアーティストのコラボレーション。
[画像3: https://prtimes.jp/i/130039/1/resize/d130039-1-a1facac3c345bda9cf9c-7.jpg ]


□SDGs照明
(リサイクルガラス:STUDIO RELIGHT)
廃材となった蛍光灯ガラスをリサイクルし、別の照明器具へと生まれ変わる。
[画像4: https://prtimes.jp/i/130039/1/resize/d130039-1-3b664c45ba2e0aef7f66-11.jpg ]


□愛でる磁器照明
(磁器:飛松灯器)
日本古来から愛でるため、陶器を飾ることがある。
磁器シェードだからこそ生まれる美しい光を置き照明として作家と共同開発した。
[画像5: https://prtimes.jp/i/130039/1/resize/d130039-1-b473fdf9f8815e0b6c6c-10.jpg ]


□折り紙照明
(折り紙シェード:某製造工場)
親しまれた日本特有の折り紙の技術を照明へ活かすと、何とも言えない幾何学的美しさが生まれる。
[画像6: https://prtimes.jp/i/130039/1/resize/d130039-1-da011b51be97599f1c18-8.jpg ]


□ワークショップ
様々なランプや照明シェードを用意し、自由に手に取って光を楽しむワークショップブースを設置。
ランプとシェード自由に組み合わせることで、オリジナル照明を作ることが出来る。
本展を機会に特注照明を作ってみては?

開催概要


会期|2023年12月6日(水)~12月11日(月)
時間|15時~20時
※12月6日(水)、8日(金)のみ18時まで
入場|無料
会場|TIERS GALLERY by arakawagrip
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-7-12
https://maps.app.goo.gl/yLK5YABceCTh6qC7A

主催|株式会社レガレリーア
ディレクション|株式会社キューイ
照明・展示アドバイス|八木弘樹(内原智史デザイン事務所)
協賛|荒川技研工業株式会社、DNライティング株式会社、株式会社和光製作所、トキ・コーポレーション株式会社、名照プラスチックス株式会社、株式会社フジコー、スワン電器株式会社、株式会社エス・ティー・イー
協力|橋本夕紀夫デザインスタジオ、飛松灯器(照明作家)、安達大悟(テキスタイルアーティスト)、株式会社サワヤ、株式会社スズサン

関連プログラム


オープニング・レセプション
概要:特注照明エキスパート・長谷川雅紀の活動、本展の見どころなどをお話しします。
関係者のみならず照明に興味のある方も自由に参加できます。歓談時間で簡単なドリンクも用意しております。照明を通して様々な出会いに繋がる場となればと思っております。
日時:2023年12月6日(水) 18:00~
聴講料:無料(先着順)

トークイベント
概要:本展にて展示されているホテル「五島リトリートray」のデザインを手掛けた古野清也(橋本夕紀夫デザインスタジオ)と特注照明を担当した長谷川雅紀(株式会社レガレリーア)が当時お互いがどの様に考えて完成させたかを、デザイン側とモノ作り側の両方の考え方をお話しします。
日時:2023年12月8日(金) 18:00~
聴講料:無料(先着順)
ファシリテーター:車田 創(月刊『商店建築』副編集長、増刊『Commercial Space Lighting』編集長)
※トークイベントの様子は、YouTube Liveでの配信を予定してます。
https://youtu.be/K9BEYF5T6Ik

長谷川のコメント


SDGsの観点から、安ければ良いという大量生産時代から必要なモノを必要なだけ製造する流れは食品やアパレルでも注目されており、これからは照明も大量生産から必要な数だけ作る受注生産を取り入れる時代へ変わるだろう。
受注生産だからこそ、クオリティ高いこだわりある照明が作れ、ホテル・商業施設や住空空間に合わせたオリジナル照明だからこそ他社との差別化が狙えるメリットもある。
特注照明専門メーカーとして活躍する私は、立上げ当初からモノ作りはこの様にあるべきだと考え活動を続けている。
特に私が力を入れるのは、メイドインジャパンにこだわるところだ。
特注照明に関わり約15年、活動の中で思いがけない素材を見つけたり、伝統的な職人技や最新の工業技術と出合い、国内のモノ作り業界の可能性に気づいた。
そして経済不況、モノ作り業界の衰退・高齢化など昨今取り上げられる様々な問題を目の当たりにし、少しでも解決したいと取り組んでいる。
それ以前の話として、特注照明は、安心安全であること、メンテナンスまで考えた作りになっているかが大切である。その点においても国内で作るからこそメリットがあると考えている。
<メイドインジャパンがもたらす7つのメリット>
・打ち合わせ・検品による移動や輸送のCO2を削減出来る
・日本独自の伝統技術や素材を使うことで、日本でしか作ることが出来ない照明が生まれる
・国内製造によるチャレンジは、新しい技術や知識の蓄積につながる
・クオリティ高い日本のモノ作りを世界へアピールできる
・若い人にモノ作り業界へ興味が持ってもらえる
・修理対応を含めたメンテナンスを考慮したモノ作りが可能
・モノ作り業界の経済的な持続可能性に貢献出来る

この展示会を通して、受注生産による照明作りは何が出来るのか、全国各地に面白い素材や技術があること、新しい発想に繋がるきっかけやメイドインジャパンを意識する機会にして欲しいです。

株式会社レガレリーアとは


特注照明エキスパート・長谷川雅紀が経営するメイドインジャパンの特注照明専門メーカー。
レガレリーアは、「プレゼントをする様に丁寧に仕事をし製品を届ける」との思いを込めたギフトを意味するイタリア語「レガーロ」から来ている。その言葉通り丁寧な仕事、安心安全な商品作りを意識しクオリティの高い照明を作るメーカーとして活躍している。
照明器具の見積、設計、品質管理、品質保証、現場設置まで対応し、時には他社メーカーのサポート、照明製作に関するコンサルティングも行う。特注照明のエキスパートとして、普段はデザイナーや依頼企業の裏方として活動している。
依頼内容は、1台から100台単位での案件を対応し、それぞれに合わせた作り方を検討し製品化している。
どの様に設計したら工場が作りやすいか、どうしたらデザイナーの意図を活かしつつ形に出来るか、オーナーが運用する中でメンテナンスがしやすいかどうか、全ての要点を抑え設計し作ることにこだわっている。
長谷川は、活動の中で思いがけない素材を見つけたり、伝統的な職人技と最新の工業技術を組み合わせたりすることで、国内でしか作れないモノ作りが出来ると考え、全国各地照明に使えそうな素材や技術を見つけては訪問する活動を続けている。直接訪問することで、モノ作りの知識が増えると共にそれぞれの企業や職人が何が出来て何が出来ないのか、他の素材や技術と組み合わせたらどうなるか、見えてくることも多く常にアップデートし続けている。
長谷川は、これからは日本のモノ作り業界を経済的に持続可能な仕組みにすることで、若い世代への技術継承も可能にしたい、そしてモノ作り大国と言われた日本のクオリティ高いモノ作りを世界へ発信出来る製品づくりに携わり続けたいと考える。
今後は、デザイナーのみならず全国の素材メーカーや職人などモノ作りに関わる方から、「照明を作りたいがどうしたら良いか分からない」「照明に関して相談したい」「一緒にモノ作りしたい」「自分たちの素材を使って欲しい」などアプローチ頂けると嬉しいです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください